著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.21-31, 2003 (Released:2005-04-12)
参考文献数
12
被引用文献数
4

Many diseases present extraordinary muscle tonus and the therapeutic approach for spasticity which is seen in disorders of the upper motor neurons is difficult to treat. This study describes muscle tonus from the viewpoint of neurophysiology, and control of muscle tonus of the hemiparesis due to cerebrovascular disease demonstrated in the field of physical therapy.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム) 月間アクセス数ランキング (2018年11月) 「 第3位 」 の文献。 2018年10月同様に「 3位 」のようです。 J-STAGE - 筋緊張のコントロール:関西理… https://t.co/ZsUhG79NEC
J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム) 月間アクセス数ランキング (2018年10月) 「 第3位 」 の文献。 経験的には、小脳損傷で筋緊張の低下。被殻損傷で筋緊張の亢進する傾向があるのではないかと思います。… https://t.co/7pH4ukMnpx
苗字を大文字にする英語表記の例、たくさん。全く珍しいものではないのだが、 @shun148 氏は知らないとのことで: https://t.co/abo2eTIn5t https://t.co/zYCCIydtyx https://t.co/6LDqvQRgg8
麻痺のリハビリのために理学療法や作業療法、解剖生理学の論文とか読み物をたくさん読むんだけど代償、伸張反射、姿勢反射、誤用症候群、パターンジェネレーター、アクションジェネレーター、汎用ジェネレーターあたりはギタリストにも面白いと思う… https://t.co/OFJiPk2SAB

収集済み URL リスト