著者
滝田 亘 中山 実
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学雑誌 (ISSN:03855236)
巻号頁・発行日
vol.27, no.suppl, pp.81-84, 2004-03-05 (Released:2017-10-20)
参考文献数
6

本研究では,文章を視覚と聴覚で提示した場合の記憶への影響を調べるために,課題文を視覚と聴覚で提示し,提示文章の内容について問題文により真偽判定する実験を行った.課題文に含まれる命題数が記憶に与える影響について,問題文での正答率と反応で検討した.その結果,3〜5命題課題において,視覚提示時の正答率は聴覚提示時の正答率より有意に高くなった.また聴覚提示について,2〜5命題課題においては,提示文章の命題数増加に伴い正答率は有意に低下した.問題文に対する判断の難易度を信号検出理論のd'を用いて検討した.その結果,視覚提示では命題数による低下は認められなかった.聴覚提示では,命題数増加に伴い,正誤の判断が有意に難しくなった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

★英語は やはり文字から入るべき? . 日本人は 英語のリーディングは そこそこ できても リスニングの苦手な人が多いです。そこで、「英語は音から入る、しかし日本人はこれが苦手」というサイトを見つけました。 https://edge24.com/1198.html しかし、孫を見ていて思うのですが、車好きでよくユーチューブを見ながら、きゅうきゅうしゃパトカーごみしゅうしゅうしゃロ ...

教えて!goo (1 users, 1 posts)

耳から学ぶ目から学ぶ、違いがあるかという問題は難しいですね。 保育園では年長になると小学校低学年程度の漢字を基礎に後は能力に従って漢字を含む絵本や文字だけの本にも自由に挑戦させているようです。個性もハッキリしてきて、文字獲得の早い子は言語による複雑な思考を構成することができ、獲得の遅い子は盛んに話はするが纏まった意見の発表には向かないといった違いも顕著になってきます。 文字情報は音声情報に較べて ...

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト