著者
村松 照男
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
気象集誌. 第2輯 (ISSN:00261165)
巻号頁・発行日
vol.64, no.2, pp.259-272, 1986 (Released:2007-10-19)
参考文献数
17
被引用文献数
13 14

レーダーと衛星で決定した台風眼(T8019, WYNNE)の移動軌跡上にトロコイダル運動による顕著な周期変動が観測された。周期は5~8時間,最大振幅は23kmであった。周期の減少とともに振幅も減少した。レーダーエコーの解析の結果,台風眼の中心は台風系全体の中心とは一致せず,約20km偏位し系の中心に対し反時計回りに回転していることが明らかとなった。この間,外側と内側の eye wal1の直径が各々260kmと30kmである二重眼構造と,それに対応する風速分布の二重極大が観測された。特に,気圧と風速場で楕円状の循環が見られ,その結果としての矩形状エコー構造が外側 eye wal1の内側で観測された。この矩形と楕円状循環は台風系の中心に対しトロコイダル周期と同周期で,外側 eye wal1に内接しながら回転していた。台風眼は楕円の一方の焦点を追うように移動し,この結果としてトロコイダル軌跡となった。しかしながら,なぜ眼が系の中心から偏れるのかはまだ明らかとなっていない。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (28 users, 29 posts, 61 favorites)

多重壁雲が形成されるときに見られる中心点のトロコイダル運動が見えているようです. 台風の眼が反時計回りにぐるぐる回る. https://t.co/S6ZQLUc5xK https://t.co/op10vTovfb
@micchi1205 @rivhiro いわゆるトロコイダル運動ってやつですかね. https://t.co/S6ZQLUc5xK

収集済み URL リスト