著者
末吉 亙
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.55, no.6, pp.434-437, 2012-09-05 (Released:2012-09-01)
参考文献数
1
被引用文献数
1 or 0

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (8 users, 8 posts)

[著作権][論文]
[著作権][スクレイピング][クロール]
[著作権][著作権行政] 情報解析と著作権との関係について述べられた貴重な解説記事。それに留まらず、「日本版フェアユース」規定の挫折についても述べられていて有用。

Twitter (23 users, 24 posts, 6 favorites)

@tadeku_net 該当するのは,第47条の7(情報解析のための複製等)または第30条の4(技術の開発又は実用化のための試験の用に供するための利用)でしょうか。 例えば,次の論文を参照。 末吉亙(2012)「情報解析と著作権」… https://t.co/Fww8vE3H43
或いは、「第47条の7 情報解析のための複製等」に当たるのか?しかしそれなら、標本を特定できるような「出典記載」はむしろダメなんじゃ…https://t.co/KJNIOyA5rv
@Chizuna 機械学習の入力として使うのは「情報解析のための複製」で許されてると思ってる https://t.co/5goEznXIG2
.@kawarani さんのコメント「https://t.co/yPIgnawmeX..」にいいね!しました。 https://t.co/QCep7VoaaT
情報解析と著作権 https://t.co/L7TpcxiPzW 今回の問題が倫理的に真っ黒なのはともかくとして、『情報解析のための複製などが著作権侵害にならないように手当てされた』らしいですがそこはどうなんでしょう
情報解析と著作権 https://t.co/6A2hyvLdHq
@hiroko_TB 権利に詳しいわけではないのと、例の論文を読めていないことはあるのですが、10件を人手でってのはまずいですかねー。電子計算機による分析を目的とした翻案はOKらしいですが、入らないですかね… https://t.co/IXpzpC5DlA
情報解析と著作権: 情報解析と著作権 1. はじめに 知的財産という観点からの情報保護法である知的財産法は,情報をある知的財産の枠組みですくい上げ,法的に保護する。例えば,著作権法は著作物という観点ですくい上げている。… https://t.co/CXpXOH68Ib [fav]
「情報解析と著作権」https://t.co/QUiwR0zjAF 「情報解析」と「著作権」のキーワードを掛け合わせて判例データベースを検索してみると,該当判例はゼロである。 つまり,情報解析がどんな場合に著作権侵害になるのかについての判例法の展開は,今後の課題なのである。
434 vol.55 no.6 2012 J o u r n a l o f I n f o r m a t i o n P ro c e s s i n g a n d M a n a g e m e n t JOHO... http://t.co/R3EZ8Tue63
情報解析と著作権との関係について述べられた貴重な解説記事。それに留まらず、「日本版フェアユース」規定の挫折についても述べられていて有用。 / “末吉亙. 情報解析と著作権. 情報管理. Vol. 55 (2012) No. 6 P 4…” http://t.co/uXbDbAUi
情報解析と著作権との関係について述べられた貴重な解説記事に留まらず、「日本版フェアユース」規定の挫折についても述べられていて有用。 / “末吉亙. 情報解析と著作権. 情報管理. Vol. 55 (2012) No. 6 P 434-…” http://t.co/uXbDbAUi
情報解析と著作権 情報管理 Vol. 55 (2012) No. 6 P 434-437 https://t.co/F0J1q15c

収集済み URL リスト