著者
大谷 卓史
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.55, no.6, pp.441-444, 2012-09-05 (Released:2012-09-01)
参考文献数
16
被引用文献数
1 or 0

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (11 users, 12 posts)

頭が良ければ分かち書きされてなくても黙読できるが、バカはできないので、やはりエリートのものだったのではー?という感がある。 あと、黙読するのが普通なら「黙読した」とは書かれないよねー、という先のツイー
[読書] 後で確認したいことある。
これは面白そう
[book][culture][philosophy]
[読書][図書館史][論文][*あとで読む] 大谷 卓史(吉備国際大学国際環境経営学部),情報管理 Vol. 55 (2012) No. 6 P 441-444

Twitter (17 users, 22 posts, 8 favorites)

@ishihata_purple 似たハナシとして「黙読」があります。黙読が一般的じゃ無かったなんて信じられん、と俺は思ったよ。 まあ中世まで「わかち書き」されてなかったせいらしいんだけど。 https://t.co/GrhA6UbpAG
古代ローマの黙読に関する記事があった。 https://t.co/Luob3ehXZY
https://t.co/GrhA6UbpAG 頭が良ければ分かち書きされてなくても黙読できるが、バカはできないので、やはりエリートのものだったのではー?という感がある。 あと、黙読するのが普通なら「黙読した」とは書かれないよねー、という先のツイートと似た反論的な。
黙読習慣と個人主義 https://t.co/5OhX25Sn7s これ、先日もツイートしたけど興味深いテーマですね。日本語の文語は「頭から順に流れていく」みたいに話を聞いたことがあって、つまりひとり語りみたいにとうとうと流れるもので、ゆえに途中で"主語"が変わったり、文字数
黙読習慣と個人主義 https://t.co/5OhX25Sn7s これか
アウグスティヌスが師匠が黙読するのを見て驚いたという話は聞いたことがあった。黙読は特殊技術だったんだな。>黙読習慣と個人主義 https://t.co/qiwbRrJ5Es
活版印刷の発明によって個人単位で黙読できるようになり、黙読習慣が近代的自我の発生に繋がったという例というか説が象徴的であるが、技術によって世界の見え方ないし見方はたしかに変わりうる。/黙読習慣と個人主義 https://t.co/cLlJ0ab7q5
http://t.co/Oe1MEPHDV5 黙読の習慣に関する記事。いつだったか、松岡正剛の本を読んで「黙読って、昔はなかったんだ」ってビビった覚えがある
“黙読習慣と個人主義” http://t.co/apMDTBGBgM
黙読習慣と個人主義 2012 情報管理 大谷 卓史 http://t.co/oCT7UVbGAm 読了
黙読習慣と個人主義 https://t.co/4WPvIUmW
黙読習慣と個人主義 (http://t.co/YqSMiKzJ) #news
黙読習慣と個人主義: 7 users http://t.co/CJT9BIpx
後で確認したいことある。 / “黙読習慣と個人主義” http://t.co/38VDDzIh
黙読習慣と個人主義 http://t.co/i4NepKfS
黙読習慣と個人主義 http://t.co/Q0v9swea
[book][culture][philosophy] / “黙読習慣と個人主義” http://t.co/gEi3Sanz
[本][図書館] / “黙読習慣と個人主義” http://t.co/BBs8QOWs

収集済み URL リスト