著者
宮入 暢子
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.80-89, 2014-05-01 (Released:2014-05-01)
被引用数
4 or 0

Galaxy ZooやeBirdに代表されるシチズンサイエンスでは,基礎研究データの効率的な整備や新たな知識の生産に市民が直接貢献している。「開かれた科学」は17世紀後半の科学アカデミーの成立や学術誌の成立に端を発し,今日の科学研究の基本理念である(1)先駆性の確保,(2)科学の集約化,(3)第三者による正当性の担保,(4)著者による説明責任の確立,といった基礎を築いた。サイエンス2.0の到来によって,プレプリント,オープンピアレビュー,オープンデータリポジトリ,科学のソーシャル化によるネットワークを介したイノベーションなど,学術コミュニケーションの多様化が促進された。これまで論文とその引用という形でしか計ることのできなかった研究インパクトに,オンライン上の注目度を定量化するオルトメトリクスが加わり,各国政府の研究データのオープン化の方針が進む中,科学データ流通を促進するための情報基盤の確立は急務である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

オープンサイエンスはやや広い意味なのか。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/2/57_80/_html/-char/ja/ http://www8.cao.go.jp/cstp/sonota/openscience/index.html

はてなブックマーク (9 users, 9 posts)

[科学][オープンサイエンス]
[science][OpenData][あとで読む]
オープンサイエンスと科学データの可能性 情報管理 Vol. 57 (2014) No. 2 P 80-89
[science][university][エレクトリック][オープンアクセス]

Twitter (28 users, 32 posts, 19 favorites)

おーぷんさいえんす http://t.co/R50Mu5Xp6r
"オープンサイエンスの提唱者マイケル・ニールセンは,その著書Reinventing Discovery(邦題:オープンサイエンス革命)1)の中で" https://t.co/z5nBr9FqKD
後で読む(前に読んだ気もするが) > オープンサイエンスと科学データの可能性  https://t.co/YYbwCjfnz2
“オープンサイエンスと科学データの可能性” http://t.co/gcG2CH7OwP
オープンサイエンスと科学データの可能性 http://t.co/Qg64IbnCzv
オープンサイエンスと科学データの可能性 https://t.co/1aqAw2nHtA
めもも:”オープンサイエンスと科学データの可能性 ”https://t.co/new0pO8wVa
“オープンサイエンスと科学データの可能性” http://t.co/K6zZVqcjhF
さっき買ったオープンサイエンス 関連 https://t.co/LiA74sRYg7
こないだの #smips湯村 講演来た人には参考になる資料かと。学術コミュニティの成り立ちから今後の話まで。 > オープンサイエンスと科学データの可能性 https://t.co/Q07ubUyanM
【記事】オープンサイエンスと科学データの可能性https://t.co/Wto0obcohV
オープンサイエンスと科学データの可能性 http://t.co/lLIwh1uzgR
オープンサイエンスと科学データの可能性 https://t.co/RAcgtEYOwp 「オンライン上の注目度を定量化するオルトメトリクスが加わり,各国政府の研究データのオープン化の方針が進む中,科学データ流通を促進するための情報基盤の確立は急務」情報管理誌、ネイチャーの著者
オープンサイエンスと科学データの可能性 http://t.co/zkcW7P2W6h
1件のコメント http://t.co/UPAxgtMd1b “オープンサイエンスと科学データの可能性” http://t.co/bJmQ3Putrl
1件のコメント http://t.co/UPAxgtMd1b “オープンサイエンスと科学データの可能性” http://t.co/bJmQ3Putrl
宮入暢子「オープンサイエンスと科学データの可能性」情報管理、Vol.57(2014), No.2, p.80-89. https://t.co/htBhzJu2QK
オープンサイエンスと科学データの可能性 情報管理 Vol. 57 (2014) No. 2 P 80-89 http://t.co/fCNwI97Wlv
Nobuko MIYAIRI; (2014); Open science and scientific data; Journal of Information Processing and Management. http://t.co/zL82WnUr18
宮入暢子. オープンサイエンスと科学データの可能性. 情報管理. 2014, 57(2) http://t.co/1aLcPBr2DV @NobukoMiyairi さんによる市民科学,開かれた科学の歴史と背景,サイエンス2.0などの解説記事。盛りだくさんかつ面白い!
“オープンサイエンスと科学データの可能性” http://t.co/ccFPpxA3gJ #science #university #エレクトリック #オープンアクセス

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/2/57_80/_html/-char/ja/ (20)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/2/57_80/_article/-char/ja/ (19)

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/2/57_80/_article/-char/ja/ (1)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/2/57_80/_article (1)