著者
福成 洋
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.57, no.6, pp.376-386, 2014-09-01 (Released:2014-09-01)
参考文献数
10
被引用文献数
1

本稿では「アクションにつながる分析」をキーワードに,書誌情報を基にした研究戦略のための分析事例を紹介する。前半では研究力分析の評価指標について,被引用数やImpact Factorの限界について言及したうえで,分野横断のインパクト指標やジャーナル指標を紹介する。後半では,エルゼビアが国内外の大学に対して行った具体的事例を用いて,国際共同研究を促進するための具体的実践例を紹介する。まず国際共同研究の現状を,大学別,分野別に共著論文数,インパクト指標で考察する。さらに個人別の論文集合データ(Author Profile)を用いて,共同研究の参加研究者を特定した具体的なアクションにつなげる。Author Profileは研究者同士の交流促進にも利用でき,さらには研究者の流動性分析も可能にする。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

Facebook における性別

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

[science][university]

Twitter (83 users, 96 posts, 70 favorites)

引用に関する慣習は研究分野により異なります。分野によっては日本国内でほぼ完結することもあります。h-indexは同じ研究分野における研究者同士の比較にのみ使用されるべき量です。例えば自然科学の分野の研究者と人文科学のそれとの比較にh-indexを持ち出すのは不適切では? https://t.co/EpB19KDsof https://t.co/Ry4LYws5X3
福成, 情報管理, 57(6), 376-386, 2014. https://t.co/C6AjzKLEzj Scopusの元締めのエルゼビアの日本法人の人の弁でした.
「日本のように非英語圏の大学においては,人文社会や文学など主な研究業績が英語論文という形をとらない分野もある。英語論文が必ずしも研究業績の中心を占めない分野の研究力評価手法について,今後さらに検討していく必要がある」 https://t.co/C6AjzKLEzj
「h-indexやImpact Factorで研究者や学術雑誌を分野 横断的に評価しようとすると,NeuroscienceやLife Sciencesの研究者に比べて人文社会,数学,工学の研 究者は非常に不利になってしまう」 https://t.co/C6AjzKLEzj
「一般にNeuroscienceやLife Sciencesのような分野は論文 発表の頻度や共著者数,そして参考文献の量も多いことから,被引用数が大きくなる傾向にある。逆に,人文社会,数学,工学などの分野は被引用数が少ないという,分野間のバイアスが存在する」… https://t.co/C6AjzKLEzj
"研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用" 研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 https://t.co/7DGs4eYWFJ
福成 洋(エルゼビア・ジャパン)「研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用」情報管理 Vol. 57 (2014) No. 6 P 376-386  https://t.co/KgfExes8zs https://t.co/owaaRNriVE
福成 洋(エルゼビア・ジャパン)「研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用」情報管理 Vol. 57 (2014) No. 6 P 376-386  https://t.co/KgfExes8zs https://t.co/owaaRNriVE
研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 http://t.co/TDYfsYv6Pt
メモメモ 研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応 http://t.co/oG9WcrnQXp
例は研究戦略というよりは高インパクト論文数増加戦略。この風潮を打破しなければ、ブレーク・スルー研究は生まれない。 / “研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用” http://t.co/TTDwdge9Cz
後で読む > 研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用(PDF) https://t.co/i2kc3w7CvR
“研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用” http://t.co/3zYkEfETce #science #university
[論文掲載]『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 pdf http://t.co/RmZYt81qrX html http://t.co/9hedSNrHud 情報管理 57(6), 376-386, http://t.co/nwHGNZ5Tbk
[論文掲載]『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 pdf http://t.co/RmZYt81qrX html http://t.co/9hedSNrHud 情報管理 57(6), 376-386, http://t.co/nwHGNZ5Tbk
[論文掲載]『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 pdf http://t.co/RmZYt81qrX html http://t.co/9hedSNrHud 情報管理 57(6), 376-386, http://t.co/nwHGNZ5Tbk
サイエンスカフェ@谷中「発掘の現場からコンピューターの中まで~恐竜研究の最新事情~」(2007/06/10)企画立案の福成洋さん https://t.co/p1X8NQZIte
「優れた論文は,ほかの論文に引用される回数が多くなることから,論文が引用される回数はその論文の質を表す指標の1つと考えることができる。」https://t.co/Uw1EfJ0SFI・・・特許の場合はそうでもないように思えるのですが、この違いはどうしてなんでしょう?
研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用 情報管理, Vol. 57 (2014) No. 6 P 376-386 https://t.co/992jVLNa9W

収集済み URL リスト