著者
佐藤 翔
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.57, no.9, pp.607-617, 2014-12-01 (Released:2014-12-01)
参考文献数
28

PLOS ONEは2006年に創刊されて以来,急速な成長を続け,2013年には年間3万本以上の論文を掲載する,世界最大の雑誌となっている。本稿ではその出版母体であるPLOSの歴史や,論文データベースやWebサイトから得られる情報に基づき,PLOS ONEの「これまで」「いま」,そして「この先」の可能性を論じる。PLOS ONEは「研究成果の迅速・自由な共有の実現」というPLOSのもつ文脈の下で刊行され,大きな成功を収めたようにもみえる。しかし,PLOS Biologyなど高インパクトの雑誌の赤字をPLOS ONEの収益で補填(ほてん)している現状は,OA出版のビジネスモデルの限界を示している。そして統計データによれば,どうやら,PLOS ONEの成長は,止まったようでもある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

はてなブックマーク (61 users, 63 posts)

[専門知][出版流通][ICT][オープンアクセス]
経営学的にとても興味深い
なるほどなー。
[オープンアクセス][research]
[PLOS][journal] よんだ
[論文][研究][科学]
[science][research][あとで]
[研究][論文][データ]
[図書館情報学][オープンアクセス][学術情報][出版]
[サイエンス][教育][研究][業界動向]
[雑誌][論文][科学][研究][science]
[科学][研究][電子ジャーナル]
[あとで読む][研究][論文][科学][オープンアクセス]
[knowledge][science] PLOS ONEのこれまで,いま,この先: PLOS ONEは2006年に創刊されて以来,急速な成長を続け,2013年には年間3万本以上の論文を掲載する,世界最大の雑誌となっている。本..
[library][science][research]
[あとで読む][min2fly]
2本載せたが、肝心の早さが今ひとつ。BBRCはやはり早かった。
のりやすいの?のりにくいの?どっちよ!!
PLOS ONEの成功と限界。
[論文] “著名なブログScholarly Kitchenに,PLOS ONEの掲載論文数の減少を指摘した記事が掲載(中略)PLOS ONEのIFが下がってきたことを受けて研究者はOAMJから再び各分野の雑誌に移るのではないか,と予測していた”
[science][research] "2013年の論文のおおよそ100本に2本はPLOS ONE掲載"
PLOS ONEのこれまで,いま,この先(J-STAGE)
[OA] さとしょー先生。面白い。面白いなあ。
[science][オープンアクセス]
[ICT][専門知][出版流通][オープンアクセス][図書館情報学]
創刊当時、公開前の査読を簡略化する代わりに読者の評価コメントに晒すことで質を担保するという売り込みだったけど、その目論見は外れたのよね。コメント欄は閑古鳥が鳴いとるで。
[研究][出版] 投稿数と却下率の推移が知りたい
[science] PLOS Oneの解剖学論文の多さに驚いた。おそらく、他の解剖学雑誌に比べてIFが高いのでお得と著者が考えるのだろう。
[科学][図書館]
[science][university][エレクトリック][オープンアクセス][言及] お、公開された/PLOSの歴史、PLOS ONEの現況、結局PLOS ONEはうまくいったけどPLOSが目指していたはずのものは成功してないじゃんって指摘

Twitter (147 users, 168 posts, 90 favorites)

12件のコメント https://t.co/9MqqWBQwab “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” https://t.co/pKnZKejV4J
12件のコメント https://t.co/9MqqWBQwab “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” https://t.co/pKnZKejV4J
PLOS、ネットメディアで名前を見かけたけど、当初のジャーナルの高騰に立ち向かうという目的は半分しか達成できなかったのか https://t.co/z1hJMJ2DvQ
https://t.co/yHPoKqe6Y4 PLOS ONEのこれまで,いま,この先
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 https://t.co/GZmkq1U8fc
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/CkYojVvIFU
後で読む > PLOS ONEのこれまで,いま,この先 https://t.co/l0riWGYLOQ
@teramonagi つ https://t.co/PgrvW3r6e7
@toritorix これに詳しく書かれてましたよ。 https://t.co/g6wn7Tmnhc
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/gadpwrfZcM
経営学的にとても興味深い / “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/UKqUx2pb8F
【PLOS ONEのこれまで,いま,この先】 「研究成果の迅速・自由な共有の実現」..大きな成功を収めたようにもみえる。しかし..OA出版のビジネスモデルの限界を示して..統計データによれば..成長は,止まったようでも.. https://t.co/w51fSRJk8b
勉強になった。PLOS ONEには年間3万本も論文が掲載されるんだ。しかも心理学系の諸雑誌に比べればIFが3超えるって言われれば相当高い→佐藤 翔 「PLOS ONEのこれまで,いま,この先」 情報管理, 57 http://t.co/s6C2la8kCz
「方法とそこから導かれる結果の解釈が妥当かどうかのみ審査し,中身のインパクトは問わない」というPLOS ONEは、掲載を自己目的化しない、多様なテーマ・知見を認めるという点では貢献があると思う。雑誌の格だけでなく引用数での評価も重要 https://t.co/hzRDkp16xi
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/pxsqkY8jax
"PLOS ONEの, ひいてはPLOSの目指した理念を受け入れる人々が増えているのか, それとも結局は人々はIFにひかれただけなのか。" / PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/tCcN67widn
科学情報は誰のものか? どう公開すべきか? http://t.co/JIPk10c7N6
資料2 PLOS ONEのこれまで、いま、この先http://t.co/W5VflfL5HB
11件のコメント http://t.co/fafj3EAZOr “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/uF6HehlwwF
11件のコメント http://t.co/fafj3EAZOr “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/uF6HehlwwF
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/ZVEFLM4tl1
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/zUM9QuvRc0
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/7MIH6IOR7u
後で読む。オープンジャーナルの話 > PLOS ONEのこれまで,いま,この先  https://t.co/55d95OhD3B
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/6FZ8TAB55j
11件のコメント http://t.co/EKcqH3s2QV “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/8jPcioPZdP
11件のコメント http://t.co/EKcqH3s2QV “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/8jPcioPZdP
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/nZVVrCZzQa #サイエンス #教育 #研究 #業界動向
【はてブ新着学問】 PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/BDKyS7iJGu
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/zmdX8VIvLo
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/mwN1So48xo
面白かった。PLoS Oneの歴史。 http://t.co/QtpBDjK82P
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/rynhsDPq7m
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/f2q1vwXpea
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/kce36ZuZP7
#knowledge #science PLOS ONEのこれまで,いま,この先: PLOS ONEは2006年に創刊されて以来,急速な成長を続け,2013年には年間3万本以上の論文を掲載する,世界最大の雑誌となっている。本.. http://t.co/mCcSHoBuFd
恥ずかしながらPLOS ONEは生物系だけなのかと思ってた。天文でオープンアクセスが話題にならない気がするのはなんでだろうか。『PLOS ONEのこれまで,いま,この先』 http://t.co/lCDjIhB1UJ
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/n0aLvrG1lq
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/QhdQBxpvt8
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/rt24gPzrpE
PLOSはPLoSの方がかっこいいと思います(小並感 / 佐藤 2014. PLOS ONEのこれまで,いま,この先 https://t.co/oTPV3JLG24
そうだったのか!知らなんだ。「2000年に設立された当初のPLOSの目的は出版者に圧力をかけ,PMCを通じて論文を無料で公開させることであった 5)」 RT @Yh_Taguchi: PLOS ONEのこれまで,いま,この先  https://t.co/OvyylBUzz0
"2013年の論文のおおよそ100本に2本はPLOS ONE掲載" / “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/dwReoeS2sz
PLOS ONEのこれまで,いま,この先(J-STAGE) http://t.co/rHcSS3TWLQ
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/uDJrSbgzDn
“PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/0abRNZZcm7
[はてブ]PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/luPJWvtWqC #shuppan
創刊当時、公開前の査読を簡略化する代わりに読者の評価コメントを掲載することで質を担保するという売り込みだったけど、その目論見は外れたのよね。読者コメント欄は閑古鳥が鳴いとるで。 / “PLOS ONEのこれまで,いま,この先” http://t.co/iPYdKAXVLI
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/Mn4HGoDJuU
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 (http://t.co/6r3JdCjWUU) #news
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/eer5CQGkpK
科学ブ PLOS ONEのこれまで,いま,この先: PLOS ONEのこれまで,いま,この先 PLOS ONEは2006年に創刊されて以来,急速な成長を続け,2013年には年間3万本… http://t.co/TuHr1VRJ3c
[図書館]PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/CPI1UfAQbK
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/vJQzzUgzlX
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 - J-Stage - 科学技術振興機構 http://t.co/AElwxHxw4L
【はてブ新着学問】 PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/4Oi6RMutbX
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/ZUSIZW0SHw
@null PLOS ONEのこれまで,いま,この先 https://t.co/YoU1rldtjo 新着 ##rogerco9pel
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/kEVdJMA5kA
PLOS ONEのこれまで,いま,この先: PLOS… http://t.co/PhjWSdI9vp
お、公開された/PLOSの歴史、PLOS ONEの現況、結局PLOS ONEはうまくいったけどPLOSが目指していたはずのものは成功してないじゃんって指摘 http://t.co/fh7iGqScZK #science #university #エレクトリック …

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト