著者
村下 公一
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.58, no.10, pp.728-736, 2016-01-01 (Released:2016-01-01)

弘前大学は,政府COI(センター・オブ・イノベーション)拠点の一角を担っている。日本が超高齢社会を迎え,医療費増大が社会的問題となる中,「寿命革命」を旗印に,「リスクコンサーン型医療」へと転換して健康長寿社会の実現に取り組んでいる。弘前大学COI拠点の最大の特徴は,地域住民との厚い信頼関係に基づき,10年以上に及ぶコホート研究(岩木健康増進プロジェクト)によって集積された膨大な超多項目健康ビッグデータ(約600項目)の存在である。現在,この健康ビッグデータを基盤に,GEヘルスケア・ジャパンをコアに,イオンや花王,ライオンなど30以上に及ぶ強力な産学官連携チームによって,認知症などの疾患予兆発見と予防法開発にチャレンジしている。また,本ビッグデータは住民の健診情報が基盤となることから,個人情報保護法改正やマイナンバー導入を見据えた慎重な対応を進めている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 3 favorites)

@GOROman 日本でも行政側の取り組みが始まってて、弘前の国プロには保険会社も噛んでるので割合早く実現するかもしれません https://t.co/E8M1omEVT5 (pdf)
【メディア情報】JST月刊誌「情報管理」Vol. 58(2015) No. 10 へ村下教授の記事が掲載されました。 https://t.co/KlHC0H245u
「情報管理」2016年1月号 健康ビッグデータ解析による健康寿命延伸と幸福度向上を目指して:疾患予兆発見と予防法開発に向けた弘前大学COI拠点の挑戦 岩木健康増進プロジェクトのデータに基づく挑戦を村下公一氏が解説します。 https://t.co/440TxVc3d5

収集済み URL リスト