著者
野口 武悟
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.58, no.4, pp.259-270, 2015-07-01 (Released:2015-07-01)

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が2016年4月に施行されると,行政機関等の公的機関には障害者への「合理的配慮」の提供が義務化される(民間の企業等は努力義務)。情報面での「合理的配慮」を的確に提供するためには,その基盤となる情報のアクセシビリティ向上に取り組まなければならない。情報のアクセシビリティ向上の取り組みは,古くからボランティアの力も借りながら行われてきたが,現状でもその取り組みは不十分である。情報の発信者は,自ら発信した情報のアクセシビリティの確保に責任をもつべきである。公的機関はもちろんのこと,民間の企業等においても,社会的責任の1つとして自ら発信する情報のアクセシビリティ向上を進めていく必要がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (8 users, 8 posts)

[社会][障害] 日本年金機構の通知文書などに採用されているという音声コード(SPコード)は知りませんでした。普及すれば便利そうですが、課題はあるのでしょうか。
[アクセシビリティ]
[アクセシビリティ]
[ICT][生活保障][障碍者][社会]

Twitter (24 users, 28 posts, 8 favorites)

日本年金機構の通知文書などに採用されているという音声コード(SPコード)は知りませんでした。普及すれば便利そうですが、課題はあるのでしょうか。 / “「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ 障害のある人にもない人にも…” https://t.co/VFe3ucwgqp
「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ、という文章 https://t.co/j9rIpUHB1A が久しぶりにはてブられていたが、異論をすでに書いたものだった。 https://t.co/5peciw7Fij
「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ 障害のある人にもない人にも情報を届けるために https://t.co/if50s8ONUr _φ(´ε`*c⌒っカキカキ
「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ 障害のある人にもない人にも情報を届けるために https://t.co/lVmRvneNPP
専修大学の野口武悟氏の論考。合理的配慮の考え方に簡単に触れた上で、主に視覚障害者による情報アクセスの歴史と現状を紹介。 「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ 障害のある人にもない人にも情報を届けるために http://t.co/gdYJ0g2CBS
“「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ 障害のある人にもない人にも情報を届けるために” http://t.co/ATZmUTkFo4
https://t.co/3wPAthjjYA 文字拡大機能はクライアント側でやるべきでは…?
“情報の発信者自身が自ら発信した情報のアクセシビリティの確保に責任をもつべき” Information accessibility as the base of the "reasonable accommodation” https://t.co/SiX76KQJFK
“「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ 障害のある人にもない人にも情報を届けるために” http://t.co/yt7i9ev2cF
JST「情報管理」7月号 「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ:障害のある人にもない人にも情報を届けるために 来年4月、公的機関への「合理的配慮」義務付けを控え、野口武悟氏が解説 http://t.co/L8pKlsFxPx

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/58/4/58_259/_article/-char/ja/ (26)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/58/4/58_259/_html/-char/ja (4)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/58/4/58_259/_html (4)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/58/4/58_259/_html/-char/ja/ (1)