著者
高田 智和 矢田 勉 斎藤 達哉
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.58, no.6, pp.438-446, 2015-09-01 (Released:2015-09-01)
参考文献数
10
被引用文献数
1 or 0

変体仮名は平仮名の異体字であるが,現代の日常生活ではほとんど用いられていない。しかし,1947年以前には命名に使われ,戸籍など行政実務において変体仮名の文字コード標準化のニーズがある。一方,日本語文字・表記史や日本史学の学術用途においても,変体仮名をコンピューターで扱うニーズがある。そこで,活版印刷やデジタルフォントから集字し,学術情報交換用変体仮名セットを選定した。このセットには,変体仮名の機能的使い分けを表現するため,同字母異体も収録した。行政用途の変体仮名と合わせ,2015年10月にISO/IEC 10646規格への追加提案を予定している。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (10 users, 12 posts)

変体がなの使い分け。/今のフォントでは書き分けられない「と」と「と」が違う用途で使われていて、笑い話のオチを示す例など。同じ音が続くときに違う文字を使うのとか、語頭と語中で使い分けるの便利だったろうな
[変体仮名][文字コード]
[言語][記号][font] “活版印刷やデジタルフォントから集字し,学術情報交換用変体仮名セットを選定した。このセットには,変体仮名の機能的使い分けを表現するため,同字母異体も収録した”
[変体仮名][情報][文字コード]

Twitter (82 users, 91 posts, 61 favorites)

語頭と語尾で違う形を使ったり、語によって使い分けもあったらしい https://t.co/VymRrW6lpY https://t.co/Tbe4cRtM90
https://t.co/aTjYwqBIJz 変体仮名といえば,これに出ている「とちぎり」の話が面白かった.原文を見てみたい
変体仮名のUnicode提案の話 / The past, present, and future of hentaigana : Standardization for information processing https://t.co/3GaaJWPEyE
文字種は明治期の活字等から選定。詳しくは『情報管理』の論文等を参考にするとよいだろうか。 https://t.co/IZWTPKzEdc #くずし字シンポ
高田智和、矢田勉、斎藤達哉「変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化」情報管理 2015;58(6):438-446。 https://t.co/WIymBULIfI
変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化 https://t.co/GIuFcE88gc へえ。俺はあんまり必要だと感じないけど、変体仮名のニーズは確かにありそう。古典の研究者とか熱望してるだろう。ひらがなの成立の理解のためにも興味深かった
“第2層の「字母」は,変体仮名の字源に当たる漢字のことである。変体仮名を扱う際には,字母を崩したものであるという意識をもって説明されることが,現代の平仮名よりも顕著である。” (https://t.co/DK4TENut9u)
変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化 https://t.co/c4Y5DmIoAM
変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化 https://t.co/4HLmgM7dWW
>変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化 https://t.co/CV04tPm7l4
【スクープ!】2年後に平仮名が286字も増える! 日本語学会は、江戸時代までの本で使われた江戸仮名・変体仮名と呼ばれる、現代の私たちが一般に使う平仮名以外の文字を、国際規格であるユニコードに登録することを決めたそうです!... https://t.co/nXPHxOy06L
“変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化” http://t.co/icWAAsrVaH
“変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化” http://t.co/MQjg5OmbY0 #文字
SAT大蔵経テキストデータベース 人文学におけるオープンデータの活用に向けて https://t.co/DISUGRVtsU 変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化 https://t.co/KqUkS3Xrmj
変体仮名のこれまでとこれから 情報交換のための標準化|高田 智和 矢田 勉 斎藤 達哉 https://t.co/ojigApynBF
そして、『情報管理』の同じ号には高田さんの変体仮名標準化の話も http://t.co/DNmMXEQUPI この号は関係者必読である。
JST「情報管理」9月号 変体仮名のこれまでとこれから:情報交換のための標準化 ひらがなの異体字である変体仮名は、行政実務と学術分野で使われており、本年10月にISO/IEC 10646 規格への追加提案が予定されています http://t.co/0CrQ5lDtuf

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト