著者
中川 裕志
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.60, no.10, pp.710-718, 2018-01-01 (Released:2018-01-01)
参考文献数
9

日本では改正個人情報保護法が2015年に成立し2017年5月に施行された。データ主体の同意なしに流通できる匿名加工情報が導入されたが,どのような匿名化処理を施すべきか検討が続いている。EUでは全体の統一的なパーソナルデータ保護規則「一般データ保護規則」が成立し,2018年からの施行に向け,これに適合するプライバシー保護の方策が模索されている。本稿では,プライバシー保護技術を保護対象となる個人が,(1)質問者である場合に (a)質問者が誰であるか,および (b)質問内容自体,を検索エンジン側から秘匿する方法,(2)データベースに個人データが格納されているデータ主体の個人に関して識別を防ぐ場合に分けて,代表的なプライバシー保護技術を概観する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (6 users, 6 posts)

Twitter (7 users, 7 posts, 3 favorites)

“プライバシー保護の技術:質問者の保護から個人情報秘匿技術まで” (4 users) https://t.co/UoWGWt8csl
「プライバシー保護の技術:質問者の保護から個人情報秘匿技術まで」: https://t.co/9hq7cHpQ4Q
“プライバシー保護の技術:質問者の保護から個人情報秘匿技術まで” https://t.co/rQa5uGfc1l
プライバシー保護の技術:質問者の保護から個人情報秘匿技術まで https://t.co/X83P7ePy3V
「情報管理」2018年1月号 プライバシー保護の技術:質問者の保護から個人情報秘匿技術まで 複数の個人データを組み合わせると個人が特定できてしまう危険性が指摘されている。ビッグデータ時代の個人データ保護と代表的な保護技術を概観する… https://t.co/z2yGZdrpVb

収集済み URL リスト