著者
大園 隼彦 片岡 朋子 高橋 菜奈子 田口 忠祐 林 豊 南山 泰之
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.60, no.10, pp.719-729, 2018-01-01 (Released:2018-01-01)
参考文献数
15

日本国内において,機関リポジトリに登録されたコンテンツのメタデータは,junii2を標準的なメタデータスキーマとして,国立情報学研究所(NII)の学術機関リポジトリデータベース(IRDB)を介して広く流通している。近年の学術情報流通をめぐる国際的な状況の変化や技術的な発展に対応し,日本の学術成果の円滑な国際的流通を図るため,オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)では,junii2に代わる次世代のメタデータスキーマとして,2017年10月に「JPCOARスキーマ ver1.0」を公表した。本稿では,策定過程での議論も含め,新しいメタデータスキーマの考え方と概要を紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (10 users, 10 posts)

[図書館][science][university][エレクトリック][オープンアクセス] JPCOARスキーマについて大変よくわかった(激しく今更
[デジタルアーカイブ] そろい踏みでは
[機関リポジトリ][オープンアクセス]
おつかれさまでした!
みんなで書きました。

Twitter (13 users, 13 posts, 6 favorites)

JPCOARスキーマについて大変よくわかった(激しく今更 / “JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して” https://t.co/0uwd7Hf37y #図書館 #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
そろい踏みでは / “JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して” https://t.co/NE1T9URPoI #デジタルアーカイブ
"JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して" https://t.co/EZdJKNNoBW
「情報管理」2018年1月号 JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して 機関リポジトリのメタデータスキーマであるJPCOARスキーマ。前身であるjunii2改訂の背景、策定の基本方針と概要を述べる… https://t.co/NfNhOa521W
J-STAGE Articles - JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して https://t.co/r9w8uqfU5h
JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して https://t.co/3pXutYafFZ
JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して https://t.co/XTt86mMeRa
“JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して” https://t.co/AgRg7U3Jmz #機関リポジトリ #オープンアクセス
JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して https://t.co/8xgbuYw9EN
おつかれさまでした! / “JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して” https://t.co/PJISAKhW9p

収集済み URL リスト