著者
牧田 泰一 藤原 匡晃
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.60, no.11, pp.798-808, 2018-02-01 (Released:2018-02-01)

福井県は,誰もが自由に使えるオープンデータの活用推進を県内全域で行っている。県内全市町の内容・様式を統一したデータを都道府県として初めて公開し,機械判別に適した様式でデータを公開することで,二次利用を推進している。そして,データを公開するだけでなく,アプリコンテストや普及活動等を行っており,オープンデータを活用したアプリケーション開発数は全国トップクラスである。また,福井県鯖江市は日本で初めてオープンデータに取り組んだ先進自治体であり,オープンデータによる行政の透明化,市民参加,そして官民の連携を進めている。こうした福井県の取り組みと,鯖江市の注目すべき先進事例を紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[図書館][エレクトリック][science]

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

“官民一体のオープンデータ利活用の取り組み:先進県・福井,データシティ鯖江” https://t.co/N7W8BupgNG #図書館 #エレクトリック #science
「情報管理」2018年2月号 官民一体のオープンデータ利活用の取り組み:先進県・福井,データシティ鯖江 全市町で内容・様式を統一したデータを初めて公開した福島県。日本で初めてオープンデータに取り組んだ自治体、鯖江市。先進事例を紹介… https://t.co/im48xlqF8G

収集済み URL リスト