著者
杉野 博史
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.60, no.3, pp.157-165, 2017-06-01 (Released:2017-06-01)

2014年3月より,NTTデータはバチカン図書館の保有するマニュスクリプト(手書き文献)のデジタルアーカイブ事業を開始した。NTTデータはその中で,長年にわたって蓄積してきたデジタルアーカイブや検索に関する技術・ノウハウを活用することで,バチカン図書館のデジタル化された資料の唯一のポータルとなるデジタルライブラリー(DigiVatLib)を構築した。構築するにあたり,新たに長期保存に関する国際標準であるOAIS,画像データの長期保存に適したフォーマットであるFITS,画像を相互に閲覧する規格であるIIIF等の機能を組み込むことで,長期保存のみならず,利活用にも優れたプラットフォームを提供した。本稿ではその詳細について寄稿する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

[デジタルアーカイブ] 電子化のワークフロー詳細が書かれている。保存用画像:FITS、閲覧用画像:JPEG2000、OAIS参照モデルへ対応、IIIF対応、クラウドファンディング実施。検品時の画像チェック項目なども参考になった。。
[図書館][science][エレクトリック][本]

Twitter (22 users, 23 posts, 29 favorites)

“バチカン図書館における文献電子化と長期保存のためのシステムの構築” https://t.co/W0HQs6y9Wv #論文
電子化のワークフロー詳細が書かれている。保存用画像:FITS、閲覧用画像:JPEG2000、OAIS参照モデルへ対応、クラウドファンディング実施。検品時の画像チェック項目なども参考になった。。 / “バチカン図書館における文献電…” https://t.co/3lB7Tb3fg2
バチカン図書館における文献電子化と長期保存のためのシステムの構築、情報管理、2017年6月1日 https://t.co/NS77qBld1E バチカン図書館 https://t.co/la7BO1ii00 プレス:2014年3月… https://t.co/TaHEOgBCxF
“バチカン図書館における文献電子化と長期保存のためのシステムの構築” https://t.co/DgTAe836Ek #図書館 #science #エレクトリック #本
NTTデータ「バチカン図書館における文献電子化と長期保存のためのシステムの構築」https://t.co/DS6DPW8Lut 、「JPEGやTIFFなどと違い,特定の企業が提唱するものではなく」というが、後者の出自はともかくとして、今はISOで標準化されていると思うのだけど。
「情報管理」2017年6月号 バチカン図書館における文献電子化と長期保存のためのシステムの構築 人類の資産たる手書き文献のデジタルアーカイブ事業について、OAIS対応からクラウド・ファンディングまでをNTTデータ杉野博史氏が詳細解説 https://t.co/gYmE1okYJK
バチカン図書館における文献電子化と長期保存のためのシステムの構築 https://t.co/2BYsm4wEAM

収集済み URL リスト