言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (8 users, 8 posts)

[科学][司法] 1980年代、アメリカで行われた薬害裁判における判決や判事の意見から
[science][論文][politics]
[社会] "だが,判事は科学的な訓練を受けていない。科学者の世界においては,事実と理論に食い違いが生じ,確実性は確率でしか示されない。これは法律家にとっては理解できないことである"
"科学的知識,科学的方法,科学的検証の定義,あるいはピア・レビューなど,いずれも判事にとっては常軌を逸した概念である"

Twitter (7 users, 8 posts, 1 favorites)

“情報論議 根掘り葉掘り 法律家の科学観:反証可能性をめぐって” https://t.co/KcuuvmZEE3
1980年代、アメリカで行われた薬害裁判における判決や判事の意見から / “情報論議 根掘り葉掘り 法律家の科学観:反証可能性をめぐって” https://t.co/9kRdSiGgow
情報論議 根掘り葉掘り 法律家の科学観:反証可能性をめぐって https://t.co/PBcNVoahHq
#はてなブックマーク #新着 #学び 情報論議 根掘り葉掘り 法律家の科学観:反証可能性をめぐって https://t.co/WCiuts8f5E
2件のコメント https://t.co/qwfexNAvPG “情報論議 根掘り葉掘り 法律家の科学観:反証可能性をめぐって” https://t.co/OZK30BayF8 #science
2件のコメント https://t.co/qwfexNAvPG “情報論議 根掘り葉掘り 法律家の科学観:反証可能性をめぐって” https://t.co/OZK30BayF8 #science
「情報管理」2017年6月号 情報論議 根堀り葉堀り 法律家の科学観:反証可能性をめぐって 名和小太郎氏連載は、80年代米国での「ベンデクチン薬害訴訟」を回顧し、専門家証言について、科学的な言説に関わる際の判事の役割について考える https://t.co/QMxHshqdwg

収集済み URL リスト