著者
青木 啓二
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.60, no.4, pp.229-239, 2017-07-01 (Released:2017-07-01)
参考文献数
7

現在,大型トラックによる自動運転隊列走行システムや一般道での完全自動運転を目指した技術開発が行われている。本稿では現在国内外で研究開発されている自動運転車の現状を紹介するとともに,近年目覚ましい技術進化を遂げているディープラーニング等のAI技術や3次元デジタル道路地図とセンシング技術を融合したローカルダイナミックマッピング技術等の技術開発動向について,前回の執筆から2年以上が経過したため,2017年4月現在の最新情報を取りまとめた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (21 users, 23 posts, 29 favorites)

=> "自動運転車の開発動向と技術課題:2020年の自動化実現を目指して"、情報管理、2017年7月 https://t.co/bENPPirT7a 「2017年4月現在の最新情報を取りまとめた」 先進モビリティ株式会社… https://t.co/f1ORItoWAK
https://t.co/vX9I04Z3eX
ローカルダイナミックマップって初めて聞いたな。: 自動運転車の開発動向と技術課題 https://t.co/YoaRDs7w7n
自動運転車の開発動向と技術課題:2020年の自動化実現を目指して https://t.co/gTeUon4kUN
「情報管理」2017年7月号 自動運転車の開発動向と技術課題:2020年の自動化実現を目指して 2015年掲載以来アクセス数トップの好評記事の続編。AIとセンシング技術の融合など最新技術動向を先進モビリティ株式会社青木啓二氏が解説 https://t.co/FTFCal9HZu

収集済み URL リスト