著者
宮武 志郎
出版者
一般社団法人 日本オリエント学会
雑誌
オリエント (ISSN:00305219)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.48-64, 1991-09-30 (Released:2010-03-12)

The Ottoman dynasty began to rapidly introduce firearms to galleys and roundships from the last decade of the 15th century. Use of such firearms had been prevalent from the second half of the same century among the Mediterranean countries. The Ottomans employed Sephardim cannon-founders who had been expelled from the Iberian peninsula and whose techincal skills were of a very high level.This Ottoman policy toward the Zimmi should be recognized as one of the reasons for her military and economic achievements in the 16th century.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 21 posts, 13 favorites)

15,6世紀のオスマン帝国の船と大砲について ガレー船は先っぽにしか大砲を装備出来ないとは知ってたが、ラムアタック寸前や、旋回砲で敵船にいる乗員を狙ったのか https://t.co/EyNTjwUwsn
う〜ん。見落としていたというのか、これを。 https://t.co/4dogBo0ZD9 「15・16世 紀オスマン海軍による火器技術の受容ーユダヤ教徒の役割の一端ー」はあるけど。
オスマン朝における火器使用に関しては宮武志郎先生の一連の研究がある: 宮武志郎(1991)「15-16世紀オスマン海軍による火器技術の受容:ユダヤ教徒の役割の一端」『オリエント』34(1):.48-64. https://t.co/fDsuvae0Ss
http://t.co/Cju8h5XCmJ オスマン海軍の火器受容についてはこちら

収集済み URL リスト