著者
枝川 宏
出版者
公益社団法人 日本視能訓練士協会
雑誌
日本視能訓練士協会誌 (ISSN:03875172)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.183-190, 2015 (Released:2016-03-19)
参考文献数
14

スポーツでは視力は重要である。しかし、スポーツと視覚の関係については、まだわかっていないことが多い。そのためスポーツと視覚の研究は様々な分野で行われていて、研究内容は多岐にわたる。なかでも、選手の視覚を解明しようとする研究は多い。 スポーツ選手の視覚の研究には脳の機能を中心に分析する研究と眼の機能を中心に分析する研究がある。眼の機能を中心に分析する研究者は選手の眼の能力は優れていて、視覚訓練で競技能力は向上すると考えている。我が国ではマスコミなどを通してたびたび紹介されている。しかし、脳の機能を中心に分析する研究者は選手の眼の能力は一般人とほとんど変わらず、視覚訓練で競技能力は向上しないと考えている。現在諸外国においては選手の視覚の研究は検査技術の進歩や眼の機能を中心に分析する研究に疑問点が多いことから、脳の機能を中心に分析する研究が主流になっている。 今回はこの2つの研究分野の違いとスポーツにおける視覚の重要性を説明して、今後眼科領域がスポーツ分野に果たすべき役割について考える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 7 favorites)

ビジョントレーニング、眼球トレーニングは競技能力に直結しない?? 選 手の眼の能力は一般人とほとんど変わらないと 考えている。また、選手の競技能力は脳機能・ 身体能力・競技技能が反映したもので、競技能 力は実際の競技トレーニング… https://t.co/rdtMhB3wWG
先日話題に挙がった視力と身体機能の関係 視力と握力で、非矯正下より矯正下で握力が増大したとの経験談。 少し違うけどアスリートのパフォーマンスと視力の関係 種目によるけど視力との相関はある 国際レベルのアスリートは60%以上… https://t.co/164ovE6TKD
動体視力って科学的根拠に乏しくスポーツの能力には直接的には結びつかないってマジ?って話 https://t.co/gC6B8B3xR8

収集済み URL リスト