著者
佐藤 篤史 竹林 崇
出版者
一般社団法人 日本作業療法士協会
雑誌
作業療法 (ISSN:02894920)
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.230-237, 2019-04-15 (Released:2019-04-15)
参考文献数
13

脳卒中後手指伸展が出現しない事例に,実生活の麻痺手使用を促す目的で,カペナースプリント改良型を用いたCI療法を行った.方法は,先行研究で報告されたスパイダースプリントを併用し,亜急性期からCI療法を実施した.しかし,事例が日常生活における装具の使用を拒否したため,カペナースプリント改良型を開発し,使用した.介入前後で,Fugl-Meyer Assessment,Wolf Motor Function Test,Motor Activity Logが臨床上意味のある最小変化量を超えて改善した.さらに,福祉用具満足度評価は,スパイダースプリントよりもカペナースプリント改良型が良好であった.カペナースプリント改良型は,CI療法において有用な装具である可能性を認めた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 13 favorites)

https://t.co/lme2rQFHw6 どなたか、改良型カペナースプリントの作り方知ってる方いらっしゃいませんか? 試行錯誤して作るものの、上手くできず、何かアドバイス等あれば幸いです(^_^;)
https://t.co/3bsreuHkrG 改良型カペナースプリントは当院でも採用したい。 ピアノ線の成形方法の詳細を聞きたいところだが問い合わせても良いのだろうか
https://t.co/9J0CQw7mbY 脳卒中後亜急性期にカペナースプリント改良型を使用して麻痺手の実生活における使用を促した一例 こちらも要確認。 今日も装具作成したけどカペナースプリント早速調べてみよー。てか、これ… https://t.co/fyjI4LTqzR

収集済み URL リスト