著者
髙橋 佑弥 竹林 崇 石垣 賢和
出版者
一般社団法人 日本作業療法士協会
雑誌
作業療法 (ISSN:02894920)
巻号頁・発行日
vol.39, no.4, pp.486-494, 2020-08-15 (Released:2020-08-15)
参考文献数
13

要旨:Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation therapy(以下,HANDS療法)は,脳卒中後上肢麻痺の末梢部の機能改善に効果が示されている.一方で,日常生活における麻痺手の使用行動および中枢部の機能改善は課題であった.今回,回復期の1症例に具体的な課題のスキル向上を目的とした課題指向型訓練,麻痺手の使用行動に有効とされている簡略化したTransfer Package,中枢部の機能改善に有効とされているロボット療法を,HANDS療法と複合して実施した.結果,Fugl-Meyer AssessmentとMotor Active Logが臨床上意味のある最小変化量を超える改善を示し,希望していた食事動作が獲得されたため後方視的に検証し,考察を合わせて報告する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 24 favorites)

国立大学法人旭川医科大学病院の高橋佑弥君と書かせてもらった論文です。こちらでは簡略化したTransfer package(TP)をロボット+HAND療法に応用した介入について事例ベースで細かく報告してます。TPをフルでやる時間が取れない方、是非こちらの方をお読みください。 https://t.co/XORrHMWMcR https://t.co/W1WERhXL7Q

収集済み URL リスト