著者
望月 明彦 中川 大 笠原 勤
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.43.3, pp.805-810, 2008-10-25 (Released:2017-01-01)
参考文献数
11

地方都市におけるコンパクトな市街地形成を実現する方策として、公共交通のサービス水準を向上し、併せて交通結節点周辺への各種機能立地を誘導することにより、公共交通を軸にコンパクトに機能を集積した市街地を形成させる取り組みが注目されている。本研究では、富山ライトレールプロジェクトにおけるサービス水準向上の有効性を、2時点の実証データを基に明らかにした。また、これまで十分な知見がない自動車からの転換や新たな移動を発生させ得る公共交通のサービス水準について、富山市が実施した公共交通に関する市民意識調査結果を基に運行指標ごとに利用者の評価を分析した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 6 favorites)

@Kashiken_N この原典を探しているのですが、アンケートくらいしか見つけられませんでした。 https://t.co/FJqsv8OwiN もしよろしければ文献を教えていただけますでしょうか。 https://t.co/JKE9PVUEFl

収集済み URL リスト