著者
西野 保行 小西 純一 中川 浩一
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木史研究 (ISSN:09167293)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.321-330, 1993-06-01 (Released:2010-06-15)
参考文献数
18

明治期のわが国の鉄道用橋梁として主力を占めたものは、プレートガーダー (鈑桁) であって、径間15ftから80ftに至る領域は、これが主力を占めており、早くから標準設計 (定規と称した) が確立していた。しかしながら、その中でも主力を占める官鉄に関するものはかなり詳細が解っていたが、それ以外の私設鉄道のものや、全部を通じての架設状況などは系統的な記録に乏しい。そこで、かなり現物が減少してきたとはいえまだそれが存在するうちに、実証的な裏付けをもとに一連の研究を行って行きたいと考えるもので、今回はその導入部とし概説を述べるものである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

近江鉄道芹川橋梁は60m程の短い橋ですが下に歩道があり、『あの』ポーナル桁を文字通り舐めるように見れます。□型ブラケットも端が曲げられたスティフナーもバッチリ見れます。 参考:明治期におけるわが国の鉄道用プレー トガーダーについ… https://t.co/zVIRREOQrM

収集済み URL リスト