著者
原口 泉
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木史研究 (ISSN:09167293)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.623-628, 1997-06-05 (Released:2010-06-15)
参考文献数
10

鹿児島市の甲突川に架かる五つの石橋、150年にわたって鹿児島の歴史的景観を形作ってきた4連、5連の石橋群は、本年1997年1月までに完全撤去された。そして五大石橋と同時期に架けられた甲突川最後の石橋、河頭太鼓橋も本年秋から冬にかけて撤去される運びとなっている。本稿では、河頭太鼓橋の歴史的、文化的価値について論じつつ、石橋撤去の持つ意味を提起したい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

2 2 https://t.co/2cWnF8m4Sl
1 1 https://t.co/Zp9B2Iy5Om
@petiska きっとその系譜の石工の仕事だと思います。肥後の石工、とりわけ薩摩藩に招聘された岩永三五郎という名工が、薩摩の石造技術に革新をもたらしたようです。この門は出てこないけれど、よくまとまってる論文あります。https://t.co/MT0tSZyDdP

収集済み URL リスト