著者
贄田 秀世 大井 晴男 鈴木 博人
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木史研究 (ISSN:09167293)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.227-231, 1999-05-01 (Released:2010-06-15)
参考文献数
5

明治期の鉄道橋として主に採用された鉄桁の形式は、力学的に構造が単純で製作が容易なプレートガーダー (鈑桁) である。なかでも、御雇い英国人技術者C.Aポーナルにより設計された一連のプレートガーダーは、官鉄や日本鉄道等で大量に製作架設されたため、今尚、全国各地に残存しているものが多数ある。その後、鉄路の伸展とともに機関車も大型化され、耐荷力不足となったため、下級線区や道路橋として改造転用されている。本稿では、ポーナル桁を転用改造し鉄道こ線道路橋としたなかで、コンクリートで被覆された特異な形態について調査したものである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 8 favorites)

新四ツ谷見附橋 この前気になったんだけどこれポーナル桁の転用なのかな 幅方向の部材切断して長い材をリベットで止めなおしてるやつ。 JRが土木史研究にそれっぽい橋の事書いてるんだけど https://t.co/qWIYJpoj0M… https://t.co/JON6WEkVhm

収集済み URL リスト