著者
Andrew J. Crossthwaite Aurelien Bigot Philippe Camblin Jim Goodchild Robert J. Lind Russell Slater Peter Maienfisch
出版者
日本農薬学会
雑誌
Journal of Pesticide Science (ISSN:1348589X)
巻号頁・発行日
(Released:2017-07-29)
参考文献数
158

ニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)は,カチオン選択性細孔の周囲に配置された5つのタンパク質サブユニットからなるリガンド作動性イオンチャネルである.いくつかの天然および合成殺虫剤は,nAChRと相互作用することによってその効果を表す.ここでは,ネオニコチノイドとその関連化合物の標的害虫に対する薬理作用についてまとめた.無脊椎動物に内在するnAChRを構成するサブユニットの量比は不明であるが,昆虫の受容体調製物において,ネオニコチノイド結合部位の存在が明らかにされ,これら殺虫剤は広範囲のnAChRに対して異なる薬理作用を表すことが示された.スピノシンは,主に鱗翅目のような咀嚼害虫を防除するために使用されるに対して,ネライストキシン類縁体は接触および浸透作用を介してイネおよび蔬菜害虫に使用されるが,これら殺虫剤の薬理作用は特有で,ネオニコチノイドの薬理作用とは異なる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

The invertebrate pharmacology of insecticides acting at nicotinic acetylcholine receptors https://t.co/JUQ3bAQaSf #Fallarmyworm #biophysics
The invertebrate pharmacology of insecticides acting at nicotinic acetylcholine receptors https://t.co/pfkRAQGrJr #Fallarmyworm #biophysics
The invertebrate pharmacology of insecticides acting at nicotinic acetylcholine receptors https://t.co/1IwSHlS91F #Fallarmyworm #biophysics
The invertebrate pharmacology of insecticides acting at nicotinic acetylcholine receptors https://t.co/JEjkPfXXFw #Fallarmyworm

収集済み URL リスト