言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (114 users, 119 posts, 115 favorites)

こちらにヒゲタ醤油の研究者による論文が https://t.co/liNwKT0R2L
上皮細胞成長因子の工業的生産 と新 しい採毛技術 高木広明 ヒゲ タ醤 油(株)研 究 所 https://t.co/TP6nTnLIgq
7年間反復投与しても副作用は出ていないらしい。 重労働である毛刈り作業が楽になるほか、羊毛・羊皮の品質が向上し利益率が良くなると書かれている。 https://t.co/qxiQIOQH8B https://t.co/rXqoVEeOeQ
へー、タンパク質を哺乳類に直接注射して機能させることができるのか。https://t.co/rAK4V9ZshZ
https://t.co/FpyUkGQ7zL 羊毛剥離の総説です EGF使ってるようなのでもしかしたら試薬で買ったことあるかもしれんな
毛刈りに拠らない酵素を用いた羊の採毛技術にヒゲタ醬油が一枚絡んでいる話、流石に日本の会社が絡んでいるだけあって日本語の論文もちゃんと有るのね https://t.co/sgzzIMDx0a
上皮細胞成長因子の工業的生産と新しい採毛技術 高木 広明(ヒゲタ醤油 (株) 研究所) 日本緬羊研究会誌 1998 (35), 28-33 (1998) https://t.co/BNQhRrdtsG
ヒツジの薬品毛刈り法、ちゃんとした資料あったから見てみたけど面白いなぁ。 上皮細胞成長因子の工業的生産と新しい採毛技術_ ヒゲタ醤油(株)研究所 https://t.co/II9B4YY9Pw
https://t.co/vDRQtlyKoW これか。 https://t.co/KfJO6Jh0d6
@BLAZE90280825 試薬だと一頭当たり150万円相当が大量生産技術確立で50円に。わぉ https://t.co/OJfgvdBCH1
@R4WyWHxPkOlxWKz リプ欄で報告資料のリンクを貼って頂けていたので副作用などはこちらを参照なさって頂ければ幸いです https://t.co/3ACvEx1Ow7 おそらくになりますが、こちらの採取の方が時短がなされますので通常のバリカン等を用いた毛刈りよりかは人間や羊のストレスや負担も軽減されるかと思われます
@k_izumi99 マジかと思いましたが、検索したら論文出てきましたね・・・ https://t.co/e4ONJieqU2
最初の方のコスト低減の話と最後の方の質疑応答がオモロであった。 わたくしもニュルンて羊を脱がした てみたい。 https://t.co/yK9Dpa9uAh
@faseiginomikata ここに開発の背景の詳細が書いてあった。鵜高先生のお名前も。→ J-STAGE Articles - 上皮細胞成長因子の工業的生産と新しい採毛技術 https://t.co/6q84aj29au
上皮細胞成長因子の工業的生産と新しい採毛技術 https://t.co/ERk43nVtnF 羊に酵素を注射することで採毛するやつ どういう仕組みなのかわからなかったけどなるほどな… (注射して毛球での細胞分裂を一時的に休止させて皮下で毛繊維のみがある程度伸びるのを待って毛球が活動再開するころに脱がす)
上皮細胞成長因子の工業的生産と新しい採毛技術 https://t.co/6XVZNrdwcp 「毛刈りは重労働なので軽減したいが機械化は困難」「細胞の成長促進酵素で毛をまとめて抜けることがわかったが1頭あたり150万円もする」「ので細菌を用いて安く量産する技術を開発し1頭あたり50円まで下げた」
@BLAZE90280825 PDFのURL貼り付けはダメぽいな こっちでどうやろ https://t.co/7mvbxo4muo もしくは下記でググったらええよ 上皮細胞成長因子の工業的生産と新しい採毛技術
どう言う事かなと思って論文読んだら、元々技術自体はあったけど高価だった薬品を、安価で製造する技術を確立したのがヒゲタ醤油って事だった。 https://t.co/CfXmtUAvUS https://t.co/wvHhJQOHEg
す、す、す、すげーーーーー セーター脱ぐみたいな採取方法 この冬の寒さをなんとか凌ぎ切れるのは羊パイセンのおかげっすわ https://t.co/LmfMB2H3GB https://t.co/g6i37eJ86s
羊の毛が剥ける酵素について、詳しくはヒゲタ醤油の出してる論文をみてくれ https://t.co/9wDFWHuMCX

収集済み URL リスト