著者
太田 紘史
出版者
The Philosophy of Science Society, Japan
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.143-162, 2019-12-30 (Released:2020-06-20)
参考文献数
8

In his recent book, Takayuki Suzuki proposes a novel physicalist solution toward the hard problem of consciousness, wherein the representationalist analysis of qualia is advanced via incorporating the intrinsic notion of representation. In this review, I critically examine the metaphysical character of his resultant position and present some questions on to what extent it satisfies the core theses of physicalism. The moral to be drawn is the significant tension between physicalism and the phenomenal principle, whose endorsement could misdirect us into troublesome positions in an unexpected manner.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (50 users, 51 posts, 43 favorites)

物理学者は(殆どの場合)「物理主義者」ではないと思うのだけど、そのことを「物理主義」を研究する人はどう思うのだろうか。 物理主義者であるとはどのようなことか 太田紘史 https://t.co/Fzfky0asoc
J-STAGE Articles - 物理主義者であるとはどのようなことか https://t.co/lItKS1nxVl
「科学哲学」52 巻1号に掲載された『ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう』(鈴木貴之著)の書評がJ-STAGEで公開されました。評者は太田紘史さんでタイトルは「物理主義者であるとはどのようなことか」です。20ページに及ぶ書評論文をお見逃しなく。 https://t.co/wpiVBHtJ4R

収集済み URL リスト