著者
野矢 茂樹
出版者
日本科学哲学会
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.37, no.2, pp.47-58, 2004-12-25 (Released:2009-05-29)

Fatalism or logical determinism says that the future is determined on a very logical ground. In this paper, examining the fatalist argument critically, I am going to show how we can avoid the fatalist thesis. Aristotle discussed this problem and came to the conclusion that some statements about the future are neither true nor false. Following his suggestion, I farther claim that the future does not exist. That is the reason why any proper name included in a statement about the future has no referent. Therefore, as Aristotle said, statements about the future have no truth value. In the latter half of this paper, I will consider some problems with my claim what does a statement about the future mean and how is the past related to the present?

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

野矢先生が宿命論についての論文を書いている!!!!?よむ https://t.co/dTwWzFESB0
本日は、試験的にオンライン読書会を実施しました。 J-STAGE Articles - 宿命論について https://t.co/zH3vUsXuE6
真理値は発見されるのではなく、生成するのである。/これが、現在から未来への宿命論を断ち切る唯一の道であると、私は考える。」野矢茂樹「宿命論について」『科学哲学』2004年37巻2号 https://t.co/FAkVlSvIoC
とも主張したい。とはいえ、ここにおいて宿命論を拒否することは前提であり、なぜ宿命論を拒否するのかという問いに対しては、嫌だからだと答えるしかない。それゆえ、宿命論を拒否するために、宿れがたい主張を為してしまったという可能性はある」野矢茂樹「宿命論について」https://t.co/FAkVlSNjNc
@mtboru →いう立場のようです。宿命論に関する野矢先生の論文です。既読でしたらすみません。 https://t.co/m34MUovakc

収集済み URL リスト