著者
長谷川 正哉 金井 秀作 島谷 康司 城野 靖朋 島田 雅史 大塚 彰
出版者
公益社団法人 広島県理学療法士会
雑誌
理学療法の臨床と研究 (ISSN:1880070X)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.15-19, 2013-03-31 (Released:2015-03-08)
参考文献数
22
被引用文献数
3

「目的」近年,足趾の不接地状態である「浮き趾」に関する報告を散見する。常態化した足趾の接地状態の不良は知覚や運動,身体機能などに影響を及ぼす可能性があるため,本研究では浮き趾と足趾運動機能,姿勢制御能力の関連について検証する事を目的とした。「方法」本研究では地域在住の高齢者30 名を対象に足趾接地状態の評価を行うとともに,足趾筋力,足趾ジャンケン,Functional reach test(以下,FRT)距離,およびFRT 時の足底圧について検証した。「結果」足趾が全て接地している対象と比較し,足趾の接地状態が不良な対象では,FRT 距離およびFRT 時の足趾荷重量が低値を示し,Center of Foot Pressure(以下,COFP)軌跡の後方偏移を認めた。また,これらの対象では足趾筋力が低値を示し,足趾屈曲(足趾ジャンケンのグー)が困難であった。「結論」これらの結果から,浮き趾がある対象では足趾屈曲方向への運動機能および足趾屈曲筋力が低下していることが示唆された。また,足趾の屈曲筋力や運動機能が低下している浮き趾者では,重心前方移動時に足趾を床面方向に押圧・固定する力が低下することが予測され,前足部における支持基底の狭小化や不安定化からFRT距離およびCOFP軌跡の前方移動量が短縮した可能性が考えられた。本研究結果より,浮き趾を有する高齢者では姿勢制御能力や足部機能が低下している可能性が示唆され,足趾の接地状態の把握が対象者の身体機能を予測する一助になる可能性が考えられる。また,今後は浮き趾に対する評価方法や介入方法についてさらに検討を進める必要がある。(理学療法の臨床と研究 22:15-19,2013)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 93 favorites)

浮き趾へのアプローチ 足趾屈筋力のトレーニングや履き物に介入により足部アライメントの改善やパフォーマンスの向上に繋がる 靴の型などにも注意してみてください 足尖が上がってる靴ではないですか? それは支持基底面が少なくっていますよ #理学療法士 #ほぼ日文献読み https://t.co/aVXx5zXjPz
感覚的な話。 足趾へのROM運動[裸足]のススメ。 受容器にも刺激が入り、思わぬ副次的効果もある印象。 抽象的だが、感覚入力で立位や歩行に影響が出る。 浮き趾「足趾が地面に接地していない状態」は姿勢制御に関わるので確認。 参考に↓ https://t.co/YTorNl3lLb https://t.co/PHMvO4u1jn https://t.co/LldzmzcYzm

収集済み URL リスト