著者
大西 献 大西 典子 藤田 淳 原 浩二 橋本 達矢
出版者
一般社団法人 日本ロボット学会
雑誌
日本ロボット学会誌 (ISSN:02891824)
巻号頁・発行日
vol.32, no.9, pp.816-824, 2014 (Released:2014-12-15)
参考文献数
23

In Fukushima Daiichi nuclear power plant in which the accident occurred by the East Japan Earthquake in 2011, in order to avoid radioactive exposure of workers, many robots are used. However, it seems that the nuclear peculiarity and the singularity of Fukushima obstruct ordinary robot technicians' entry. In order to make these barriers low, we explain how the nuclear power plant company is designing the robot, and argue also about the difficulty of mechatronics.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

@ka_ken_wa 放射線によるハードウェア損傷の議論が大半だと思います(例↓)。 大西他「原子力災害対応ロボットの設計と開発」日本ロボット学会誌 vol.32, no.9 https://t.co/ProWMCjIui
いつぞやかに見つけたこちらのFig.3 を見る限りでは、100 Sv からが本番という感じですね J-STAGE Articles - 原子力災害対応ロボットの設計と開発 https://t.co/6JipCvp6A9 https://t.co/4nyCMjDWdZ
@ketonton @Hans_Robo 下記の4.1あたりにもありますが、受光素子は性質上ダントツで放射線とかの類いに弱いんですよね……被覆保護も難しいですし、今後の開発の一つのボトルネックになるのは間違いないでしょうね https://t.co/q8i2PghwSY

収集済み URL リスト