著者
福長 将仁 田淵 紀彦
出版者
日本細菌学会
雑誌
日本細菌学雑誌 (ISSN:00214930)
巻号頁・発行日
vol.65, no.3, pp.343-353, 2010 (Released:2010-08-27)
参考文献数
84

ライム病(Lyme disease)は,野ネズミやシカ,野鳥などを保菌動物とし,マダニによって媒介されるスピロヘータの一種,ボレリアBorrelia感染によって引き起こされる人獣共通感染症のひとつである。一方,回帰熱(relapsing fever)は,齧歯類や鳥類等を保菌動物とし,ヒメダニ科のダニやシラミによって媒介されるボレリア感染症で,アメリカ大陸,アフリカ,中東や欧州で患者の発生が報告されている。近年のボレリア研究の進展はめざましく,特にライム病ボレリアでは遺伝子組換え用ベクターが開発されたことから遺伝子欠損株が作成されて,ボレリアライフサイクル中における特異的発現タンパク質の機能解析が可能となってきた。現在ではボレリアの宿主への感染成立のためのボレリアタンパク質―宿主側結合因子や媒介ベクターへのボレリア定着因子など,ボレリアと宿主,ボレリアと媒介ダニのインターフェイスにおける発現タンパク質の同定に注目が集まっている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

#ライム病 福山大学薬学部分子微生物学研究室 https://t.co/Fhb7vbEBmM #ボレリアゲノム 外来DNA制限修飾システムがコードされ #遺伝子操作技術 開発は他菌種に比べて遅れていたが,#シャトルベクター が開… https://t.co/KLoIF1ZdEL
媒介動物のインターフェイスにおける発現調節 福長将仁先生 田淵紀 彦先生 福山大学薬学部分子微生物学研究室 引用元 https://t.co/XdU1e7DMab https://t.co/WqcDDRHQJq

収集済み URL リスト