著者
繁田 浩功
出版者
特定非営利活動法人 日本バイオインフォマティクス学会
雑誌
JSBi Bioinformatics Review (ISSN:24357022)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.60-66, 2021 (Released:2021-04-23)
参考文献数
26

顕微鏡等のイメージング技術の進展により、様々な生物現象を「見る」ことが可能となった。同時に人間の手では解析できないほど膨大なデータが産出されることになり、手作業によるデータ解析が困難になるという問題点も生じた。この問題を解決するため、生物画像解析技術が広く研究されるようになった。本稿ではこのような生物画像を扱うバイオイメージインフォマティクスと呼ばれる研究分野について概説すると共に、近年の研究動向や研究事例について紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

5編目は阪大の繁田さんによる「生物画像とインフォマティクス」です。顕微鏡画像などのイメージング技術の進歩と、それらイメージを解析するバイオイメージインフォマティクスの近年の動向を、わかりやすくまとめていただきました。 https://t.co/VaoIy3xPAN
J-STAGE Articles - 生物画像とインフォマティクス https://t.co/tkPkEFgmdU

収集済み URL リスト