著者
菱本 明豊
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.39-46, 2010 (Released:2017-02-15)
参考文献数
36

アルコール依存とアルコール関連問題は医学・医療上の課題と社会・経済的課題とが複雑に絡み合い,きわめて広範囲・多岐にわたる分野からの解明,解決が急がれている。この項ではアルコール依存の生物学について概説した。アルコール依存の生物学的基盤はドパミンが介在する報酬系システムとグルタミン酸神経伝達系が介在する脳の可塑性, 記憶,学習の機構との相互作用が重要であると考えられている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

あわせて読みたい「アルコール依存の生物学」 #memo https://t.co/o9MBAxHIvp
「(アルコールなどへの)依存の生物学的基盤としてはドパミンが介在する報酬系システムとグルタミン酸神経伝達系が介在する神経の可塑性や学習・記憶の機構との相互作用が関わっていると考えられる…」 菱本明豊「アルコール依存の生物学」(神戸… https://t.co/UjMeF42CcX
GABAA受容体にアルコール結合部位があるのは知ってたけど、特異的受容体は存在しないんだな https://t.co/HROTOMWnET これの見出し3つ目

収集済み URL リスト