著者
大橋 綾子 柳田 諭 林 美穂 本村 啓介
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.117-126, 2011 (Released:2017-02-16)
参考文献数
66

強制水泳試験は,抗うつ薬のスクリーニングをはじめとして,ラットやマウスのうつ病様行動を評価する行動試験として,広く用いられてきた。しかし,強制水泳試験の行動上の結果と,脳内各部位におけるニューロンの活動性との関係には,未だ不明な点も多い。本稿では強制水泳試験の神経基盤について,これまでの研究の知見から主なものを紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 1 favorites)

» _pdf https://t.co/ElRNxjBk2b
3.強制水泳の神経科学 - J-Stage https://t.co/cpL16UYyUh
ほー https://t.co/PYCFflnrZC https://t.co/4Fp9ID3zxn
「ラットを用いた原法では,1日目に15分程度の水泳を行い,それから薬物等による介入(2 ~ 3 回のことが多い)を行って,24時間後に5~6分程度の水泳を行わせ,行動を評価する」 / 強制水泳の神経科学 https://t.co/bKiC6LBgy0
FST自体は抗うつ療法の評価試験としてそこそこ有効らしく、長年に渡って世界中で使われてきたらしい。医学系の研究者による検討例もあった。主に学習性無力感を見るイメージか。 J-STAGE Articles - 強制水泳の神経科学 https://t.co/GeEyhlPEZS

収集済み URL リスト