著者
松永 寿人 三戸 宏典 山西 恭輔 林田 和久
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.24, no.1, pp.3-10, 2013 (Released:2017-02-16)
参考文献数
34

現在OCDに対する治療では,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの薬物療法,曝露反応妨害法を主とした認知行動療法(CBT)が中心である。SSRI抵抗性の場合の(非定型)抗精神病薬の付加的投与を含め,有効性が確立されている全ての治療オプションを用いても,十分な改善が得られなければ難治性と判定される。さらにOCD患者では,5 ~ 10年後など長期的予後での寛解率は 50%程度とされ,再発も多く,これらの対応が今後の課題となる。まずは現行の薬物やCBTを見直し,最適化を図ると伴に,標準化を進めるべきである。そして認知療法や入院を含め,個々に応じた治療選択を行い,さらに精神病理や認知,環境など,難治性に関わる臨床像や病態を多角的に検討して,その定義を明確化する必要がある。しかしOCDでは,生物学的病態の多様性が想定され,新たな治療アプローチの開発も期待される。加えて,発症早期の治療介入が重要であり,社会的啓発も有効な対策となろう。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

メモ 日本生物学的精神医学会 難治性精神疾患の治療と現状・難治性強迫性障害の臨床像と対応 https://t.co/YooMv9hvu2 古い資料だけど、時間あるとき読んでみよう。
OCD(強迫性障害)の寛解率は42%(15年後)。「寛解に有意に関連した臨床要因として,①既婚であること,そして,②初診時にMDDの併存を認めないこと」 / 難治性精神疾患の治療と現状 難治性強迫性障害の臨床像と対応 - J-St… https://t.co/Ge5wJg7QwC

収集済み URL リスト