著者
松岡 豊
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.25-29, 2020 (Released:2020-03-30)
参考文献数
34

多国間のうつ病と魚消費量の関連を検討した生態学的研究をきっかけに,オメガ3系脂肪酸のうつ病に対する影響を検討するコホート研究やうつ病に対するオメガ3系脂肪酸の治療効果を検討する臨床試験が行われてきた。メタアナリシスにより,魚食およびオメガ3系脂肪酸の摂取がうつ病予防に有効であること,特にエイコサペンタエン酸が大うつ病者の治療に有効であることが確認されている。メカニズムに関しては結論が出ていないが,オメガ3系脂肪酸による抗炎症効果が示唆されている。最近発表されたオメガ3系脂肪酸の抗不安効果を検討した臨床試験のメタアナリシスでは,オメガ3系脂肪酸摂取が不安症状軽減と関連することが示された。本稿では,筆者らの研究を紹介しながら,うつ病と不安症のマネジメントにおけるオメガ3系脂肪酸の可能性について述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

参考記事 https://t.co/2bkUoJHcaA https://t.co/QZTsi3uNFn https://t.co/qzXrk2yk86 https://t.co/cVjTca5W2g https://t.co/Btiovh6kH8 https://t.co/9mAR6ywgC7
うつ病や認知症予防を食生活や環境から考える オメガ 3 系脂肪酸からうつ病・不安にアプローチする https://t.co/ObZpFtiugM

収集済み URL リスト