著者
友田 明美
出版者
一般社団法人 日本児童青年精神医学会
雑誌
児童青年精神医学とその近接領域 (ISSN:02890968)
巻号頁・発行日
vol.57, no.5, pp.719-729, 2016-11-01 (Released:2017-05-17)
参考文献数
31

小児期のマルトリートメント(不適切な養育)経験は高頻度に精神疾患の発症を招き, 脳の器質的・機能的な変化を伴うことがわかってきた。たとえば, 暴言虐待による聴覚野容積の拡大や両親のDV目撃による視覚野容積の縮小をもたらし, うつ病や PTSD, 認知機能の低下を引き起こす。他の被虐待経験によるヒトの脳に与える影響も明らかになってきた。単独の被虐待経験は一次的に感覚野(視覚野や聴覚野など)の障害を引き起こすが, より多くのタイプの虐待を一度に受けるともっと古い皮質である大脳辺縁系(海馬や扁桃体など)に障害を引き起こす。さらに反応性アタッチメント障害を持つ青少年たちには線条体におけるドパミン機能異常が明らかになってきた。不適切な養育体験と子どもの依存リスクが脳科学的にも密接に関連している可能性が示唆される。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[AC][ADHD][発達障害][慢性疲労症候群]

Twitter (102 users, 112 posts, 88 favorites)

NHKで紹介されてたので読む。 https://t.co/499OZBYq8t
この論文の抜粋ですが3~5歳で海馬に悪影響。 9~10歳で脳梁に悪影響。 14~15歳でも前頭前野に悪影響が出るとあります。 なので15歳未満はどんなに見た目が大人のように見えても大人から子供への性的接触が好ましくない事は明らか…という事ですね。 https://t.co/aR2oi4j8ZC https://t.co/yNn3W8oJbV
これ親からの虐待や暴力により脳へ及ぼす影響の論文だ。 気になるなら読め。該当するならすぐ精神科へ行け。 俺なら診断書あげたら病院へは通うが薬は飲まん。 https://t.co/FgcR794gjA
特集 子ども虐待とケア 友田 明美* 被虐待者の脳科学研究 児童青年精神医学とその近接領域 5(7 5 );719─729(2016) https://t.co/8Av7R784zB
https://t.co/QB96p8v1cj さっきのパソコンやないと見れんからこっちスマホで読めるやつね。読めん!の人は「プロフェッショナル仕事の流儀」に友田明美さん出てるしわかりやすく説明してるから見てみて。(やっぱ回しもんやんけ)
https://t.co/QB96p8v1cj これね。私印刷して持ってるけどマジおもろいよ。日本で初めて解明されたんよ。
@pharmacist_777 既にご存知でしたらすみません。 子どもへの性的虐待、という限定的な場面での結果ですがこの論文を思い出しました。 https://t.co/ngiWbXCMbc https://t.co/4YVobRpByA
@tOKUshi_gpa5 確かに。これは視覚野の理由しか書かれて無いな。と思ったらこっちに書いてたわ。同じ人。 普通のこと聞いた時もいらんこと考えちゃうからってことかな? でもやっぱりなんで聴覚だけ肥大するんかははっきり書いてないな、これから明らかになるんかも。 https://t.co/OQaf3ovdnM
『言葉の暴力は脳を減らす』  友田明美 脳科学者  ハーバードでの研究 ●幼少期からの言葉の暴力 ー聴覚野が14.1%変形 ●言葉の暴力を目撃だけでも ー視覚野が19.8%減少 ☆知能や理解力の発達に悪影響 ●長期の体罰 ー前頭前野が19.1%減少 ☆感情を制御する能力に悪影響 https://t.co/v34fMWIf9p https://t.co/iRdU3eeSYh
脳科学的にも様々なことが分かってきている。友田先生の論文などは有名だけれど、慢性疼痛に関係するような脳の領域に虐待が影響している可能性は示唆される。 そういった知見も大切だけど、もっと想像することが関わりにおいては大切なのではないか。 https://t.co/01bMoY1wtv
https://t.co/IAWKGKUFNB 苦もなく見つけてまった
被虐待児におけるコルチゾールの脳に対する影響への言及。この後半部分。 そしてコルチゾールは筋肉を分解するホルモンでもある。 https://t.co/xa1OSK3idV https://t.co/dXT3ugTWbn
@nagashima_junVT https://t.co/WAo6mnxxcv 論文版もあるよ❤️
J-STAGE Articles - 被虐待者の脳科学研究 https://t.co/4SLqOX3zqM 被虐待児ケアの臨床が多そうな先生。いくつか読む。
https://t.co/M31Ownla0m
虐待をめぐる記憶について、脳科学の知見からはどうとらえられるのか? と思って検索したところ、この論文がありました https://t.co/vYAQBMQMGD
参考文献2 https://t.co/iFQUIDJeCy
実際マルトリートメントが減ると、長期的に、うつ病や依存症などの減少にもつながる。 https://t.co/xt3Jb7MNI9 元論文 https://t.co/whGG5sLrr8 ACE scoreを用いているので、児童虐待及びネグレクト以外の逆境体験を含まれている。
暴言を吐かれると聴覚野が14%減少とおもったら増えるのか…偏るのか https://t.co/b0i8VbkquH
#子ども虐待 とケア 友田 明美先生 #暴言虐待 による聴覚野容積の拡大や両親の #DV 目撃による視覚野容積の縮小をもたらし #うつ病 や #PTSD #認知機能の低下 を引き起こす 引用元 https://t.co/zrctUzvnJd #brainscience #childabuse #childhoodmaltreatment #トラウマ #心的外傷 https://t.co/yaCMDSOinP
#子ども虐待 とケア #福井大学子どものこころの発達研究センター 発達支援研究部門 https://t.co/CpL5atVO5m 友田 明美先生 小児期の #マルトリートメント( #不適切な養育)経験は高頻度に #精神疾患 の発症を招き,脳の器質的・機能的な変化を伴うことがわかってきた 引用元 https://t.co/zrctUzvnJd
https://t.co/HJEoJwGwSL 「子ども虐待という第4の発達障害」を、元気な時に少しずつ深めながら読んでいますが、自分に当てはまることが多すぎて吐きそう。身体的虐待、心理的虐待、ネグレクト、母にやられたねえ。母は、わたしが息子に接する所を見て反省してるみたいなので、もう何の感情もない。
J-STAGE Articles - THE BRAIN SCIENCE OF MALTREATED CHILDREN AND YOUNG ADULTS https://t.co/SYruhk8A2J
●特集 子ども虐待とケア 友田明美 『被虐待者の脳科学研究』2016 https://t.co/Fw7ZkljydS
>さらに,被虐待経験者は,老化のマーカーであるテロメアの侵食が見られ,寿命も平均に比べ 20年も短いなど,生物学的な影響も見られている(Brown et al., 2009)>特集 子ども虐待とケア 友田 明美*被虐待者の脳科学研究 https://t.co/tfOaF7c97X
https://t.co/Y2sSvFWrnv
@Mine6114 よんだ? https://t.co/jJMiupqWiU
被虐待者の脳科学研究 https://t.co/9nPQpymCcc
友田明美(2016). 被虐待者の脳科学研究 児童青年精神医学とその近接領域 57, 719-729. https://t.co/TJcQNIrbj6

収集済み URL リスト