著者
野口 孝俊 浦本 康二 鈴木 武
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集D2(土木史) (ISSN:21856532)
巻号頁・発行日
vol.71, no.1, pp.1-10, 2015 (Released:2015-03-20)
参考文献数
22

第二海堡は,明治期後半に建設された東京湾中央部に位置する軍事要塞跡である.要塞はコンクリート,煉瓦,石材,土により建設された土木構造物(地盤構造物)である.築造100年を経過している近代遺産であるが,軍事施設であるため設計・施工や完成断面などの建設記録が残されておらず,耐久性の検討を行うことが難しい状況にある.本稿は,第二海堡における煉瓦の特徴をとりまとめ,周辺類似施設と比較することで,明治期の東京湾砲台群建設における煉瓦の調達の関係を考察し,材料の特定に必要な煉瓦構造物の建設年次および材料調達を推測した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

第二海堡に残る小菅集治監製の煉瓦。桜の刻印が確認できます。 #第二海堡 #小菅集治監製 https://t.co/krkN7qERYu https://t.co/c06cWPhv7c
東京湾第二海堡跡煉瓦構造物 明治期に建設された東京湾砲台群における 煉瓦の調達に関する一考察 https://t.co/Z3gexttEif 参考文献に砲台建築仕法通則。 そりゃ砲台作るための基準あるよなぁ。

収集済み URL リスト