著者
小関 玲奈 山本 正太郎 羽藤 英二
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集D2(土木史) (ISSN:21856532)
巻号頁・発行日
vol.78, no.1, pp.47-58, 2022 (Released:2022-07-20)
参考文献数
34

災害常襲国である日本において,土地利用マネジメントを含めた事前復興計画の推進は急務であるが,土木史的な視座を踏まえて,危険地帯への市街地進出要因を考慮した制度設計がなされているとは言い難い.そこで本研究では,東日本大震災,西日本豪雨で被災した5都市の都市形成史と災害後の都市計画的対応を比較分析し,各都市で甚大な被害を生むに至った空間的要因とその経緯を解明することを目的とする.近代以降の交通基盤整備や土地区画整理事業等の都市基盤整備が実施された位置や規模を,分析の視点とする.次の災害への備えとしての災害防御インフラの整備と,土地の利便を逓増させる交通基盤・都市基盤整備とが連動して行われたかどうかが,災害後に減災型都市構造へ転換する分岐点となったことを明らかにした.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 8 favorites)

最近の論文は都市回遊や都市形成史などの研究成果を都市計画学論文集や雑誌交通工学、土木史論文集、建築学会論文集、Transportation Research、Transportationなどを中心に発表しています。 https://t.co/GvMGvd1BM3 https://t.co/8FuBYoy4Of
最近の日本語論文は都市回遊や都市形成史などの研究成果を都市計画学論文集や雑誌交通工学などを中心に発表しています。 https://t.co/aovriA1bSZ https://t.co/GvMGvd1BM3 https://t.co/EH7CHX1ogE https://t.co/heIyCu7n7K
小関玲奈, 山本正太郎, 羽藤英二, 津波・水害常襲地域における都市形成と災害後の都市計画的対応に関する比較分析, 土木学会論文集D2, Vol.78(1), 2022. pp.47-58, 2022.が出ました.土木史分野の論文で,3人で頑張って東北や豪雨災害調査を何度も行いました,感謝です. https://t.co/fcFaohE5Zo

収集済み URL リスト