著者
小野 紘彦 佐藤 和貴郎 中村 雅一 山村 隆
出版者
日本臨床免疫学会
雑誌
日本臨床免疫学会会誌 (ISSN:09114300)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.306b-306b, 2017 (Released:2017-11-25)

【背景】筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)は著しい疲労に加え,認知機能障害や睡眠障害など様々な神経症状が生じる深刻な慢性疾患である.近年ノルウェーからリツキシマブによるB細胞除去療法の有効性が報告されたが,ME/CFSにおける末梢血リンパ球についての知見は乏しく,なぜB細胞除去療法が治療効果を発揮するか不明である.【目的】ME/CFS患者の末梢血中のB細胞異常を明らかにする.【方法】対象はカナダ基準およびInternational consensus criteriaを共に満たす患者40人と年齢,性別をマッチさせた健常者20人とした.末梢血から末梢血単核球細胞を分離し,B細胞受容体(BCR)レパトア解析とフローサイトメーターを用いたB細胞サブセット頻度及び機能分子発現の解析を行った.【結果】BCRレパトア解析では患者群において多様性指数であるNormalized shannon indexとクローナリティーの指数であるDE50が低い傾向があり,多様性の減少およびクローナリティーの増加がみられた.リンパ球サブセット解析では,患者群と健常者群で比較すると,B細胞では患者群においてplasmablastが低下し(p = 0.04),一部の患者でCD80の発現が亢進していた.【結論】ME/CFSの末梢血においてB細胞の異常が認められた.免疫異常とME/CFSの病態との関わりについてさらなる研究が必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 11 favorites)

#筋痛性脳脊髄炎 / #慢性疲労症候群 #リンパ球サブセット解析 では,患者群と健常者群で比較すると,#B細胞 では患者群において #plasmablast が低下し(p = 0.04)一部の患者で #CD80 の発現が亢進… https://t.co/UHy5f2qr8G
#筋痛性脳脊髄炎 / #慢性疲労症候群 #多様性指数 である #Normalized shannon index と #クローナリティー の指数である #DE50 が低い傾向があり #多様性の減少 および #クローナリティー が… https://t.co/Ut3HyYVVRs
#筋痛性脳脊髄炎 / #慢性疲労症候群 ( #myalgic encephalomyelitis /#chronic fatigue syndrome : #ME /#CFS )における #B細胞異常 の解析 小野 紘彦先生… https://t.co/fgm3SR1pHL

収集済み URL リスト