著者
種本 俊 筋野 智久 金井 隆典
出版者
日本臨床免疫学会
雑誌
日本臨床免疫学会会誌 (ISSN:09114300)
巻号頁・発行日
vol.40, no.6, pp.408-415, 2017 (Released:2018-01-25)
参考文献数
34
被引用文献数
1

ヒトには1000種,100兆個を超える腸内細菌が存在する.これらが構成する腸内細菌叢は免疫や代謝を介して宿主であるヒトと複雑な相互作用を形成し恒常性を維持している.腸内細菌叢の構成菌種の変容や異常増殖,減少はdysbiosisと呼ばれ,ヒトの腸管のみならず,全身の免疫系,代謝機構に異常を引き起こす.脂肪肝炎やメタボリックシンドローム,関節リウマチ,自閉症,多発性硬化症などさまざまな疾患にdysbiosisが寄与している可能性が示唆されている.近年の腸内細菌解析技術の発展により,ヒトの腸内細菌叢を構成する菌種の同定のみならず,代謝やタンパク質発現を介した複雑な相互関係が明らかになってきている.また,腸管上皮細胞や免疫細胞と腸内細菌との相互作用の実際が分子レベル,遺伝子発現レベルで明らかになってきており,それぞれの疾患の病態解明や新しい治療対象として実用化が期待される.炎症性腸疾患においてはCrostridium butyricumなどの酪酸産生菌が炎症抑制作用を持ち,注目を集めている.また腸内細菌叢を対象としたFMT(Fecal microbiota transplantation)も実用化に向けて検討が進められている段階である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 9 posts, 5 favorites)

興味深いものです。 腸内細菌叢と免疫の関わり https://t.co/FFcraGjODv
種 本 俊先生 筋 野 智 久先生 金 井 隆 典先生 #炎症性腸疾患 #Crostridiumbutyricum 等の #酪酸産生菌 が #炎症抑制作用 を持ち注目を集める #腸内細菌叢 を対象とした #FMT(… https://t.co/O8AytzfCnS
種 本 俊先生 筋 野 智 久先生 金 井 隆 典先生 #腸管上皮細胞 や #免疫細胞 と #腸内細菌 との相互作用の実際が #分子レベル #遺伝子発現レベル で明らかになってきており,それぞれの疾患の病態解明や 新しい治療… https://t.co/XxicSVReYv
#腸内細菌叢 と #免疫 の関わり 種 本 俊先生 筋 野 智 久先生 金 井 隆 典先生 #腸内細菌叢 の #構成菌種の変容 や #異常増殖 #減少 は #dysbiosis と呼ばれ #ヒトの腸管 のみならず… https://t.co/qa9riUDOXu
[intestinal immune response is regulated by gut microbe].... - Tanemoto S et al. - https://t.co/tCjut0VtSu #microbiome

収集済み URL リスト