著者
青木 和人
出版者
デジタルアーカイブ学会
雑誌
デジタルアーカイブ学会誌 (ISSN:24329762)
巻号頁・発行日
vol.1, no.Pre, pp.37-42, 2017-09-08 (Released:2017-09-08)
参考文献数
11

現在までに蓄積された紙媒体によるアナログ地域資料は膨大な数に上る。これらを早急にデジタルアーカイブ化することは容易ではない。アナログ地域資料の完全なデジタルアーカイブ作業が実現されるまで、地域資料のデジタルアーカイブを簡便に実現し、インターネット上で地域資料内容の検索やアクセスを可能とすることが求められている。そこで本研究では、市民参加型で地域資料を出典としながら、ウィキペディア上にその内容を編集するウィキペディアタウン活動成果のテキストマイニング分析から、その意義について考察した。その結果、地域資料の簡便なデジタルアーカイブ化を実現した。それにより、埋もれている膨大な地域資料へのデジタルな入り口を作ることで、インターネットを通じた再発見機会を提供することができた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[library][wikipedia] 後でちゃんと読む

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

俺は評価しないけど、くさかのシェアにはいいね!がたくさんつくんだろうな。 https://t.co/DhbkmPCAHk #jawp

収集済み URL リスト