著者
井上 佐知子
出版者
デジタルアーカイブ学会
雑誌
デジタルアーカイブ学会誌 (ISSN:24329762)
巻号頁・発行日
vol.6, no.4, pp.155-158, 2022-11-01 (Released:2023-01-05)
参考文献数
12

東日本大震災を契機に、震災記録を収集保存するために多様な組織により多くの震災アーカイブが立ち上げられ、国立国会図書館はそれらのポータルとなる東日本大震災アーカイブを公開した。しかし、これらの震災アーカイブの維持運営には様々な課題があり、震災から10年以上が経過した現在、維持困難となって閉鎖された事例も出てきている。国立国会図書館は、閉鎖された一部の震災アーカイブの資料を承継して公開を続けており、承継に伴う権利処理など様々な課題に取り組んでいる。本稿ではその経験に基づきアーカイブの閉鎖とそれに伴う課題について述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 6 favorites)

「デジタルアーカイブ学会誌」2022年第4号 [特集:デジタルアーカイブの消滅と救済]東日本大震災アーカイブの閉鎖:ひなぎくによる承継の試み. 井上 佐知子 https://t.co/swmYgWxON7

収集済み URL リスト