著者
小北 克也 山本 忠司 山川 智之
出版者
一般社団法人 日本透析医学会
雑誌
日本透析医学会雑誌 (ISSN:13403451)
巻号頁・発行日
vol.49, no.7, pp.483-491, 2016 (Released:2016-07-28)
参考文献数
31

酢酸を低濃度 (8~10mEq/L) 含有する重炭酸透析液における症候性低血圧症 (SH) と酢酸不耐症 (AI) を検討した. 外来透析患者391名を対象に, 透析中のSHとAIの頻度, 血漿酢酸濃度, 酢酸負荷速度および酢酸クリアランスを測定し, SHに関連する因子を解析した. SHは何らかの処置を要する低血圧症, AIはSHがあり血漿酢酸濃度≧2mmol/Lの症例とした. SHは391名中71名 (18.2%), AIは1名 (0.3%) であった. SHに関係する因子は糖尿病 (オッズ比, 1.92 ; 95%CI, 1.09-3.38), 体重減少率 (オッズ比, 1.29 ; 95%CI, 1.07-1.55) であり, 血漿酢酸濃度と関連性はなかった. 血漿酢酸濃度は開始2時間から定常状態となり4時間値で1.062±0.348mmol/Lであった. 酢酸負荷速度は1.51±0.48mmol/hr/kgで透析患者の代謝能力以内の負荷率, 酢酸クリアランスは1.30±0.42L/minで健常者の57%程度であった. 現行の低濃度酢酸含有透析液ではAIは解決されていると考えられた. 今後, 酢酸の影響についてはAIの定義を含めて再検討されるべきと考える.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 7 posts, 9 favorites)

酢酸の影響は基本的に濃度依存なので負荷量が少なければ問題ない、具体的には現行の透析液であれば臨床的に問題になることはないということを、実際にデータを取って示したのが我々のスタンス。 https://t.co/I2JwywDSDU
重炭酸透析における症候性低血圧症と酢酸不耐症について https://t.co/uUaNj9NhiI
1 1 https://t.co/gRd0gkmPY1
今後酢酸濃度も測らず酢酸負荷試験もせずに酢酸の害を語ることは意味がなくなってくると思う。 「重炭酸透析における症候性低血圧症と酢酸不耐症について」 https://t.co/mzCTQi2dnk

収集済み URL リスト