著者
井上 卓
出版者
一般社団法人 日本環境感染学会
雑誌
日本環境感染学会誌 (ISSN:1882532X)
巻号頁・発行日
vol.24, no.4, pp.244-249, 2009 (Released:2009-10-10)
参考文献数
14

当院常勤医師が発症した水痘に対し医療関連感染対策を行った.本人は陰圧個室に入院とし,アシクロビルの点滴治療にて軽快退院し,全発疹が痂皮化するまで自宅待機とした.医師が濃厚に接触したと考えられた院内職員116名および当該科入院患者44名の計160名は水痘帯状疱疹IgG抗体価を検査し,結果がでるまで予定手術は延期とした.感受性者(抗体価4.0未満)は患者2名と職員2名であった.2名の患者に対しては,患者と家族に事態を説明した上で個室管理とし,結果判明日から7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服してもらった.2名の職員は結果判明日から接触後21日目まで自宅待機とし,かつ,7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服させた.すでに退院した患者と外来患者に対しては電話で事態を説明し,急な発熱,発疹を認めた場合,当院を受診するようにお願いした.感受性者4名を含め,二次発症は認められなかった.   今回の事例を経験し,全職員のウイルス抗体価の測定をしておき,感受性者に対しては可能な限りワクチン対策をとること,職員の感染症に対する意識を高めることが重要であると考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 18 posts, 10 favorites)

@kazu_clinica  感染源になるのはコワイですよね〜。水痘は対策がとてもたいへんで、感染管理チームが迅速対応を求められる「事件」のひとつ。「常勤医師に発症した水痘に対する医療関連感染対策」2009年 https://t.co/Sg6pNDWYxg
TWで知った「常勤医師に発症した水痘に対する医療関連感染対策」(日本環境感染学会誌より)。https://t.co/gLEJIsEX こりゃあ、大変です・・。
「常勤医師に発症した水痘に対する医療関連感染対策」(環境感染誌2009年) 100名以上の職員や40名以上の入院患者の血液検査、予定手術の延期、アシクロビル内服のお願い、外来患者への電話連絡などの対応。https://t.co/6NlpFtyC 院内勉強会で活用を。#ワクチン 
最近は病棟でも活躍する「薬剤師さん」の入職時のワクチン接種歴・罹患歴チェックがない医療機関があるそうです~。部門の責任者の方ご確認を。  RT 感染管理担当の人はぜひ読みましょう。 「常勤医師に発症した水痘に対する医療関連感染対策」 http://t.co/VwP3TChw 
感染管理担当の人はぜひ読みましょう。 「常勤医師に発症した水痘に対する医療関連感染対策」 http://t.co/VwP3TChw 医師が濃厚に接触したと考えられた院内職員116名および当該科入院患者44名の計160名。手術延期や予防内服、その費用など「事後」対応はたいへん。

収集済み URL リスト