著者
西村 秀一
出版者
一般社団法人 日本環境感染学会
雑誌
日本環境感染学会誌 (ISSN:1882532X)
巻号頁・発行日
vol.31, no.5, pp.310-313, 2016 (Released:2016-12-05)
参考文献数
12
被引用文献数
1

据え置き芳香剤の剤形で二酸化塩素ガスを逐次空中に放散させ,抗ウイルス効果を標榜する製品の有用性を検証した.冬季の生活空間を想定し室温23℃,相対湿度30%に設定した1.8 m3の密封チャンバー内で製品を開封し,試験中ガス濃度を0.03 ppmを目標として蓋の開閉で調整し,結果的に実験時間中はほぼ0.035–0.04 ppmの濃度に維持できた.その中に鶏卵由来のA/愛知/2/68株インフルエンザウイルスを含むしょう尿液をネブライザーでミスト化して噴霧し,一定時間後にチャンバー内空気80 Lをゼラチン膜でろ過し,膜に捉えたミスト粒子中の活性ウイルス量を測定し,同製品による空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化効果をみた.その結果,今回の実験条件化では,ガスへの曝露を受けた空間での活性ウイルスの量は対照のそれと変わらず,不活化効果は確認されなかった.  二酸化塩素ガスによる殺菌,ウイルス不活化の感染制御の実用化のためには,今後さまざまな条件の下でその殺菌/ウイルス不活化効果の有無を検証していく必要があろう.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

[クレベリン][二酸化塩素]
“の結果,今回の実験条件化では,ガスへの曝露を受けた空間での活性ウイルスの量は対照のそれと変わらず,不活化効果は確認されなかった.”

Twitter (312 users, 330 posts, 182 favorites)

※2の論文はこれ。https://t.co/sv2UjZBXRv 確かに有意差ない。(昨日はメンテ中で引用できなかった… https://t.co/WGvWM6XGJL
冬の温度、相対湿度、家庭のトイレ並みの容積の環境でクレベリンによる空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化の効果が確認されなかった例。 https://t.co/FebRqbyFPh
空間除菌ができない根拠 https://t.co/lutle8B9jk
空間除菌を謳う商品に本当にウイルスを不活化する効果があるのか、という実験。 「有意差はない」という結論だけど、トイレぐらいの空間でファンを使って揮発させかつ危険な濃度を超えないよう手動調整すれば、最初の3分ぐらいは効果があると言えなくもない、かもしれない… https://t.co/bAQEEwWS1K
@nonbeepanda @jasminjoy 正直どの部分が「検証」なのかよくわかりませんでした。ツイッターレベルの情報をただまとめただけみたいな。それより西村先生のような実験をいろんなところでやって決着をつけてもらいたいですねー。クレベリンのエビデンスは自社実験ばかりなので、、 https://t.co/zL9j5YcvbZ
西村秀一先生の別の実験。こちらも二酸化塩素ガスに効果は見られず。 https://t.co/zL9j5YcvbZ
参考にした論文01 <ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証> https://t.co/0AVtPcwkw4
二酸化塩素ガスを逐次空中に放散させ,抗ウイルス効果を標榜する製品の有用性を検証 「インフルエンザウイルス」を含むしょう尿液をミスト噴霧 一定時間後にゼラチン膜でろ過し捉えたミスト粒子中の活性ウイルス量を測定 今回の条件下では、不活化効果は確認されなかった https://t.co/3l6dfjNOTl https://t.co/e00a5SAOLg
@Ronronn11 クレベリンて二酸化塩素らしいけれど、あんまり良くはないのかなぁーと。何年か前の記事だけど参考までに。 ないよりマシ!という考え方もあるけれど
吉田涙子が取材した二酸化塩素は効かない https://t.co/U3jPEgsUeS #サキドリちゃん
要するにクレベリン。そりゃそうだろって感じ ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証 環境感染学会 https://t.co/h4SXZCzGmU 『空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化効果・・空間での活性ウイルスの量は対照のそれと変わらず,不活化効果は確認されなかった』
クレベリンのグラフ載っけといたるわ https://t.co/nwkdhOGcI6 https://t.co/HjdEPTG8Td
クレベリンはコロナウイルスにも効果ないからね。この時期だから何回も話すけどね。 ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証 ―冬季室内相当の温湿度での空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化について 仙台医療センター https://t.co/2HFuS7dJb0
クレベリンは効果ないからね。この時期だからまた話すけどね。 ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証 ―冬季室内相当の温湿度での空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化について 仙台医療センター・ウイルスセンター 西村 秀一 https://t.co/2HFuS7dJb0
クレベリンてインフルウイルスには効果ないんだけど、番組で紹介して大丈夫なん? #solive24 https://t.co/tN4My6cxax
@BoN318 これだ。インフルエンザウィルスに効果が認められなかったってやつ。 ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証―冬季室内相当の温湿度での空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化について― https://t.co/v3jbza0AVL
@kansaifunk 検証実験は https://t.co/avtZgAEO6d に報告されていました。消費者庁からは景品表示法に基づいた措置命令が出ています。https://t.co/S3rtxPg9ZG
ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証―冬季室内相当の温湿度での空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化について― (環境感染誌 Vol. 31 no. 5, 2016) https://t.co/V4jdAycu2V 宣伝された効果は確認されず
【日本環境感染学会誌】 ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証―冬季室内相当の温湿度での空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化について― https://t.co/PMo6S5VuUZ https://t.co/wxc4Ia33oC
https://t.co/S3dbcietyB
これかな ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証―冬季室内相当の温湿度での空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化について― https://t.co/9EmY2asJAa https://t.co/p3mXUHohFt

収集済み URL リスト