著者
田中 拓 内藤 純行 長島 梧郎 加藤 晶人 上村 美穂 藤原 正三 馬野 由紀 田北 無門 平 泰彦
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.18, no.4, pp.585-590, 2015-08-31 (Released:2015-08-31)
参考文献数
10

アルコール摂取に伴う意識障害,ならびに迷惑行為は救急医療機関にとって避けられない問題である。今回,2012年1月から2013年9月までの21カ月間に,当院へ救急受診した急性アルコール中毒166例を対象に振り返り,これらについて性別,年齢,エタノール血中濃度,意識レベル,外傷の有無,暴言・暴力の有無について検討した。平均年齢は45.1±19.3歳,男性120人,女性46人であった。エタノール濃度が計測されている症例は129例あり,平均エタノール濃度は207.9±99.6mg/dLであった。約10%の16例で,医療従事者に対する暴言・暴力行為があり,うち4例が警察介入を要した。暴言・暴力などの迷惑行為のあった16例のうち14例は男性であり,平均年齢は36.2±17.4歳と若く,血中エタノール濃度は253.9±85.3mg/dLと高い傾向にあった。急性アルコール中毒は時として重大な転帰をたどることもあり,また,医療従事者にも被害を及ぼすことのある病態である。日常的に多く遭遇する症例であり,適切な対処を院内共通の認識とする必要がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@tanukichi7778 ありがとうございます! 激ヤバいとARDSになるので、伏臥位管理となります。でも、アルコール中毒の患者さんって結構暴れるらしい(こくろーの一例もそう)ので、そう言ってられなくなるかも・・ 出典:… https://t.co/zEwd4cVspV
やっぱ地域性あるんじゃないですかね。この報告も、医療機関で飲酒関連の問題起こすのは若い男のようです。 https://t.co/vjgqRb2NM2 https://t.co/wv3QeO8bH4
アルコール依存の人とかもいるから一概には言えないけどさ、断れなくて飲まされるっていう人もいると思うの。若い人って。老い先短い人の「酒のめよ」は聞かなくて良し。先輩の威圧もスルーしよ。 これで死んだら、飲ませたやつは犯罪者だよ。 https://t.co/fJr4jfC7D9

収集済み URL リスト