著者
矢野 和美 山下 寿 財津 昭憲 瀧 健治 古賀 仁士
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.21, no.3, pp.528-533, 2018-06-30 (Released:2018-06-30)
参考文献数
12

重症の高齢者肺炎患者に対し,どこまで積極的に治療を行うか,救急の現場で医療従事者が悩む症例が増えている。今回,当院救命救急センター搬送後,人工呼吸管理を行った75歳以上の高齢者肺炎患者を生存退院群と死亡退院群に分け患者背景,予後因子を検討した。ICU,HCU入室患者124例中,45名が人工呼吸管理され,転帰は生存退院が13例(28%),死亡退院が32例(72%)であった。また生存退院13例のうち,11例は退院時のADLが入院前と比較して低下しており,人工呼吸器離脱困難が4例,自宅に戻れた患者は2例のみであった。生存退院群と死亡退院群の比較では,アルブミン値,PH,PaCO2値,乳酸値で有意差を認め,アルブミン値とPaCO2値が独立した予後因子であった。今回の結果より人工呼吸管理を行った高齢者肺炎患者の予後は厳しいうえ,生存転帰が社会復帰となることは難しく,患者の栄養状態,社会的背景,退院後転帰を考慮した治療指針が必要ではないかと考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 19 posts, 49 favorites)

肺炎で人工呼吸管理となった 高齢者救急搬送患者の予後は悪い https://t.co/VFXPIXpgMe ICU,HCU 入室患者 124 例中,45 名が人工呼吸管理され,転帰は生存退院が 13 例(28%), 死亡退院が 32 例(72%) また生存退院 13 例のうち 自宅に戻れた患者は 2 例のみ
@mooncave3 @lupin1the1fifth https://t.co/lUD3L4ErHX コロナ以前からの議論
【PDF】肺炎で人工呼吸管理となった高齢者救急搬送患者の予後は悪い https://t.co/7JQ9lcZySU
肺炎で人工呼吸管理となった 高齢者救急搬送患者の予後についての検討 75歳以上で挿管された45名のうち、32名(72%)が院内死亡。自宅に戻れた患者はわずか2名のみという結果。 (聖マリア病院から) https://t.co/xWd3L4zEt9
肺炎で人工呼吸管理となった75歳以上の高齢者24例のうち13例(28%)が生存退院するも、うち2例は1月以内に死亡、7例は寝たきりで、自宅に戻れたのは2例のみ。 人工呼吸管理を行った高齢者肺炎患者の予後は厳しいうえ、生存転帰が社会復帰となることは難しい。 https://t.co/hI2QjyFkdP
@nyanko6668 @hiroyoshimura ありがとうございます リンクが切れている?ようでしたので ご提示のワードで検索してみました↓ https://t.co/B0QBmkta5u "肺炎で人工呼吸管理となった高齢者救急搬送患者の予後は悪い” 日臨救急医会誌(JJSEM)2018;21:528-33 続く
埼玉の介護施設 感染後、入院先なく2人死亡 「保健所が病床確保困難と」(毎日新聞) #Yahooニュース https://t.co/FPwWsVJd6Y 延命措置は必ずやっているのでしょうか? 高齢者が肺炎で重症になった場合、本人や家族の同意のもと延命措置を行わないこともあるようなのだが。 https://t.co/lP2ZVVT2sX
https://t.co/lP2ZVVT2sX
志村けんさんの件 高齢者が重度の肺炎で人工心肺を使用した場合の生存率は28%らしい。 つまり、 「人工心肺があれば大丈夫」 ではなく 「人工心肺が必要になる前に治療する」 方が大事ということか。 ↓参考 https://t.co/2I7U0Sh51T
肺炎で救急搬送され人口呼吸管理となった75歳以上の高齢者の予後は悪い 生存して退院出来るのは29% 70%の高齢者は生きて帰れない報告例 ちなみに志村けんは70歳 https://t.co/X7aH2RiapN https://t.co/QVZL7w1TGO
肺炎で人工呼吸管理となった高齢者救急搬送患者の予後は悪い https://t.co/jSaGzQZS20
やっぱり誤嚥性肺炎の患者の予後は良くないよな

収集済み URL リスト