著者
田島 典夫 畑中 美穂 青木 瑠里 井上 保介
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.22, no.3, pp.442-448, 2019-06-30 (Released:2019-06-30)
参考文献数
11

本研究では,高齢者福祉施設職員を対象にBLS(basic life support;BLS)に伴うストレス反応を調査し,ストレス反応およびその後の救助意欲を規定する要因を検討した。A市内の全高齢者福祉施設職員に対して悉皆調査を行い,利用者の心停止現場に遭遇した経験をもつ360名を分析対象としたところ,約9割から何らかのストレス反応が回答された。BLS経験後のストレス反応の規定因を重回帰分析によって検討した結果,BLSの手技に関する不安と非救命例でのBLS実施事案がストレス反応を規定していた。また,BLS経験後の救命に対する態度の規定因をロジスティック回帰分析によって検討した結果,BLSへの関与人数が2人以下の場合,また,BLS後のストレス反応が重い場合ほど,その後の救助意欲が消極的になることが示された。これらの結果を踏まえ,バイスタンダーのストレス対策の重要性が議論された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 13 favorites)

業務中の一次救命処置でも強いストレスを感じるという報告はこれ。 一次救命処置に関与した際のストレス反応とその関連要因 ー高齢者福祉施設職員を対象とした検討ー https://t.co/0hocqVeDoB https://t.co/nrzGUtMTzB

収集済み URL リスト